マリア (シチリア女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリア(Maria, 1363年7月2日 - 1401年5月25日)は、シチリア女王(在位:1377年 - 1401年)。フェデリーコ3世と最初の妃コスタンツァアラゴンペドロ4世の娘)の娘で相続人。

1377年、マリアがまだ若い時に父フェデリーコが死んだため、シチリア王国は事実上4つの有力貴族の家系に支配されるようになった。1390年、マリアはアラゴンへ連れて行かれ、母方の従弟でアラゴン王フアン1世の甥である若マルティンと結婚した。1392年、若マルティンとその父・老マルティン(後のアラゴン王マルティン1世)はマリアを伴ってシチリアへ侵攻し、対立していた貴族たちを破った。以後若マルティン(マルティーノ1世)は1401年までマリアの共同君主としてシチリアを治めた。マリアの死後、1372年に結ばれていた条約を無視し、マルティーノ1世は単独のシチリア王として支配を続けた。

先代:
フェデリーコ3世
シチリア女王
1377年 - 1401年
1390年以降
マルティーノ1世と共同統治
次代:
マルティーノ1世(単独統治)