タンクレーディ (シチリア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンクレーディ - Liber ad honorem Augusti, 1196

タンクレーディTancredi, 1139年 - 1194年2月20日)は、シチリア王国ノルマン朝の第4代国王(在位:1189年 - 1194年)。初代国王ルッジェーロ2世の長男プッリャルッジェーロ3世庶子アチェッラ伯リッカルドの姉妹シビッラと結婚した。

1189年、第3代国王であった従弟・グリエルモ2世(ギヨーム2世)が嗣子無くして病死すると、その後継候補として叔母でルッジェーロ2世の娘コスタンツァとその婿神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世が挙げられたが、シチリア王国の国民は外国の皇帝に支配されることを嫌い、ローマ教皇教皇領がハインリヒ6世の領土に挟まれることを嫌い、庶子であったために後継候補から外されていたレッチェ伯タンクレーディを後継者として推し、タンクレーディは第4代の国王として即位することとなった。

しかし、庶子であるタンクレーディの即位には不満を持つ貴族も少なくなく、内からは彼の即位に反対する貴族の反乱、外からは神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世の侵攻を受けるという苦難の治世を送ることになる。これに対してタンクレーディは神聖ローマ帝国軍を撃退し、さらに長子のルッジェーロに東ローマ皇帝イサキオス2世アンゲロスの皇女イレーネー・アンゲリナを迎え、東ローマ帝国と同盟して対抗しようとしたが、1194年にルッジェーロは亡くなり、直後にタンクレーディも病死してしまった。

王位は次男のグリエルモ3世が継いだが、幼少であったために統率が取れず、侵攻してきたハインリヒ6世によってパレルモは陥落した。シチリア王国はノルマン朝からホーエンシュタウフェン朝に変わるが、その血統はコスタンツァからフリードリヒ2世に受け継がれる。

先代:
グリエルモ2世
シチリア王
1189年 - 1194年
次代:
グリエルモ3世