マルティン1世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポブレー修道院にあるマルティン1世像

マルティン1世西:Martin I, 1356年 - 1410年5月31日)は、アラゴン王、バレンシア王、およびバルセロナ伯(在位:1396年 - 1410年)。カタルーニャ語名ではマルティー1世(Martí I)。また、晩年にシチリア王位にもついた(マルティーノ2世:Martino II)、在位:1409年 - 1410年)。アラゴン王ペドロ4世と3番目の王妃レオノール・デ・シシリア(シチリア王ピエトロ2世の娘)の次男。同名の息子に対して老マルティン西:Martín el Viejo, :Martino il Vecchio)と呼ばれる。またユマニスト王(西:el Humano, 伊:l'Umanista)と呼ばれる。

1396年、兄フアン1世が男子を残さずに死去すると、アラゴン王位を継承した。

1373年に結婚した王妃マリア・デ・ルナとの間の息子マルティン(若マルティン)はシチリア王マルティーノ1世となったが、1409年にマルティーノ1世が嗣子なしに死去すると、マルティーノ2世として息子の王位を継承した。

翌1410年には自身も嗣子なしに死去し、後継者も定めていなかったため、マルティン1世の君主位の継承者が定まるまでには2年を要した。1412年にカスペの妥協で、アラゴン、バレンシア、カタルーニャ、シチリアなどの君主位は、妹レオノールカスティーリャフアン1世の子であるフェルナンド1世が継承した。なお、死因については消化不良 (en及び笑い死にとされる[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Norris, Paul N.. “Morris.pdf Patronage and Piety”. Mirator Lokakuu. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ John Doran, The History of Court Fools (Boston: Francis A. Niccolls & Co., 1858), 377-378.
先代:
フアン1世
アラゴン王
バルセロナ伯
バレンシア王
マヨルカ王
1396年 - 1410年
次代:
フェルナンド1世
先代:
マルティーノ1世
シチリア王
1409年 - 1410年
次代:
フェルディナンド1世