アルフォンソ1世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ1世

アルフォンソ1世(Alfonso I, 1073年または1074年 - 1134年9月8日)は、アラゴンおよびナバーラ(在位:1104年 - 1134年)。サンチョ・ラミレスの次男。

ペドロ1世に男子がなかったため、王位を継承した。1109年にカスティーリャ女王ウラカと結婚したが1111年に離婚した。2人の間に子供はなかった。

死後、アラゴン王位は弟ラミロ2世が継承したが、ナバラ王位にはガルシア5世の曾孫ガルシア6世が就いた。

先代:
ペドロ1世
アラゴン王
1104年 - 1134年
次代:
ラミロ2世
先代:
ペドロ1世
ナバラ王
1104年 - 1134年
次代:
ガルシア6世