ヒメノ朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメノ家(サンチョ大王時代)の紋章。バスク民族主義者のシンボルマークの一つとされている。

ヒメノ朝 (ヒメノちょう、Dinastía Jimena)は、中世イベリアバスク人王朝。パンプローナ王国(ナバーラ王国)の有力貴族で、バスク人の英雄イニゴ・アリスタの親族(諸説あり)ヒメノ1世により創始されたヒメノ家を起源とする。

歴史[編集]

11世紀時点でのヒメノ朝の領域。赤色がナバラ本領で、オレンジ色が本家の領地、桃色が分家の領地を指す。
サンチョ3世時代

中世における隆盛[編集]

イニゴ・アリスタ家に男子が絶えると、当時のヒメノ家当主サンチョ・ガルセス1世がアリスタの曾孫である女王トダを娶り、ヒメノ朝を創始した。サンチョ・ガルセス3世の治世では妻と母の領地を継承してカスティーリャ伯とアラゴン地方の支配者を兼ね、更に息子たちの婚姻外交や外征でカタルーニャレオン王国をも支配下に収めた。更に縁の深いガスコーニュの一部も獲得し、イベリアのキリスト教諸国を統一したサンチョ3世は「大王」「ヒスパニア皇帝」を自称し、後者に関しては正式な戴冠式を行っている。

サンチョ3世の帝国は死後に息子たちの領土分割で潰えたが、それが北イベリア諸国にヒメノ家が拡散する結果を生んだ。息子たちはレコンキスタの前半を主導してタイファ諸国と激しい戦いを繰り広げつつ、父祖の所領を統一しようとたびたび争った。また有力な者は再び「ヒスパニア皇帝」を自称した。

衰退とその名残[編集]

12世紀から13世紀の間に、ヒメノ家は各系統とも男子が絶え、歴史から姿を消し始める。しかしあくまで西欧的な王朝交代であり、後の諸王もイニゴ・アリスタやヒメノ1世、サンチョ3世の血を引いている。イベリアのキリスト教諸国が勢威を取り戻した時代に、ほぼ全ての有力国の王家に血を広めたヒメノ家は、決して少なくない影響をイベリア史に残している。

ナバーラ王国のヒメノ朝もサンチョ7世で断絶しているが、ヒメノ家の血を引くシャンパーニュ伯ティボー4世がテオバルド1世として王位を継承した。以後、ナバーラ王位はその血を引くフランスの貴族(カペー朝末期のフランス国王を含む)によって継承され、その末裔であるアンリ4世に始まるブルボン朝の歴代フランス王は、いずれも「フランスとナバーラの王」を称した。

ナバーラ王国は一方で、フランスへの統合以前にその大部分がアラゴン王フェルナンド2世に征服され、後のスペイン王国へ統合されているが、フェルナンド2世もその妻であるカスティーリャ女王イサベル1世も、カスティーリャ女王ウラカの血を引く(女系では他の系統の血も引く)トラスタマラ家の国王・女王である。その血はカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)からスペイン・ハプスブルク家へと受け継がれた。

ボルボン朝の初代国王フェリペ5世はブルボン・ハプスブルク両家の血を引いており、その末裔である現スペイン国王フアン・カルロス1世もまた、ヒメノ1世の末裔としてバスク人の血統を継いでいることになる。

ヒメノ朝の君主[編集]

パンプローナ副王[編集]

ナバーラ王[編集]

アラゴン王[編集]

カスティーリャ王、レオン王[編集]

  • フェルナンド1世(1037年 - 1065年、カスティーリャ伯:1035年 - 1037年)
  • サンチョ2世(カスティーリャ王:1065年 - 1072年、レオン王:1072年)
  • アルフォンソ6世(カスティーリャ王:1072年 - 1109年、レオン王:1065年 - 1072年、1072年 - 1109年)
  • ウラカ(1109年 - 1126年)

家系図[編集]

  • サンチョ・ガルセス1世以前の系図については諸説が存在する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イニゴ・アリスタ
パンプローナ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルシア・イニゲス
パンプローナ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フォルトゥン・ガルセス
パンプローナ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒメノ1世
パンプローナ副王
 
アズナール・サンチェス
ララウン領主
 
フォルトゥス
パンプローナ王女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルシア・ヒメネス
パンプローナ副王
 
 
 
トダ
パンプローナ王女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒメノ・ガルセス
ナバラ王
 
サンチョ・ガルセス1世
ナバラ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルシア・サンチェス1世
ナバラ王
 
ガリンデス
アラゴン伯女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ・ガルセス2世
ナバラ王
 
ウラカ・フェルナンデス
カスティーリャ伯女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルシア・サンチェス2世
ナバラ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ・ガルセス3世
ナバラ王
ヒスパニア皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェルナンド1世
カスティーリャ王
レオン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルシア・サンチェス3世
ナバラ王
 
ラミロ1世
アラゴン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ2世
カスティーリャ王
 
アルフォンソ6世
カスティーリャ王
レオン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ・ガルセス
 
サンチョ・ガルセス4世
ナバラ王
 
サンチョ・ラミレス
アラゴン王
ナバラ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライムンド
ガリシア伯
 
ウラカ
カスティーリャ女王
レオン女王
 
テレサ
 
エンリケ
ポルトゥカーレ伯
 
ラミロ・サンチェス
 
ペドロ1世
アラゴン王
ナバラ王
 
アルフォンソ1世
アラゴン王
ナバラ王
 
ラミロ2世
アラゴン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イヴレーア家
アルフォンソ7世
カスティーリャ王
レオン王
 
 
 
 
 
ボルゴーニャ家
アフォンソ1世
ポルトガル王
 
 
 
ガルシア・ラミレス
ナバラ王
 
 
 
 
 
ラモン・ベレンゲー4世
バルセロナ伯
 
ペトロニラ
アラゴン女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ6世
ナバラ王
 
 
 
 
 
 
 
バルセロナ家
アルフォンソ2世
アラゴン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ7世
ナバラ王
 
ブランカ
 
ティボー3世
シャンパーニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャンパーニュ家
テオバルド1世
ナバラ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]