ペドロ4世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラゴン王ペドロ4世

ペドロ4世西:Pedro IV, 1319年9月5日 - 1387年1月6日)は、アラゴンバレンシア王、およびバルセロナ伯1336年 - 1387年)。カタルーニャ語ではペラ4世(Pere IV, バルセロナ伯としては3世)。尊儀王(西:el Ceremonioso, カ:el Cerimoniós)あるいは短剣王(西:el del Punyalet)と呼ばれる。アルフォンソ4世(慈悲王)と最初の王妃テレサ・デ・エンテンサの息子。マヨルカジャウメ3世を廃し、バレアレス諸島ルシヨンをアラゴン王国に回復した。また、自ら年代記を書いたことでも知られる。

1336年、父王の死去により王位に即いた。1356年からカスティーリャ王ペドロ1世(残酷王)と「二人のペドロの戦争」を戦ったが、ペストなどの自然災害により勝者なく1375年のアルマサン条約によって終結した。

ペドロ4世は治世の間、しばしば異端審問所長のニコラス・アイメリッチ(Nicolás Aymerich)と対立した。また1358年から1359年の会議で自治政府が設立された。

ペドロ4世は1387年にバルセロナで死去し、王位を長男のフアン1世が嗣いだ。

家族[編集]

ペドロ4世は生涯に4度結婚した。

最初の王妃は1338年に結婚したナバラ女王フアナ2世の王女マリア(1326年 - 1347年)で、1男3女をもうけた。

次いで1347年ポルトガル王アフォンソ4世の王女レオノール(1328年 - 1348年)と結婚したが、翌年彼女はペストで死去した。

1349年に3人目の王妃としたのは、シチリア王ピエトロ2世の王女(フェデリーコ3世の妹)レオノール(1325年 - 1375年)で、2男1女をもうけた。

最後の王妃は1377年に結婚したシビラ・デ・フォルティア(Sibila de Fortià, 1350年 - 1406年)で、1男1女をもうけた。

  • アルフォンソ(1378年 - ?) 夭逝
  • イサベル(1380年 – 1424年) ウルジェイ伯ジャウマ2世(アラゴン王位請求者)の妃
先代:
アルフォンソ4世(慈悲王)
アラゴン
バルセロナ伯
バレンシア王
1336年 - 1387年
次代:
フアン1世(狩猟王)
先代:
ジャウメ3世
マヨルカ王
1349年 - 1387年
次代:
フアン1世