エンリケ2世 (ナバラ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・ダルブレ(エンリケ2世)

エンリケ2世スペイン語Enrique II, 1503年4月18日 - 1555年5月25日)は、ナバラ王国の名目上の国王(在位:1517年 - 1555年)。ナバラ王フアン3世(ジャン・ダルブレ)とその妻で女王のカタリナ(カトリーヌ)の長子。アルブレ伯。アンリ・ダルブレHenri d'Albret)とも呼ばれる。

1517年、追放されていた母カタリナ女王の死去を受けて王位に即いた。このとき王国はアラゴン王フェルナンド2世に占拠されており、エンリケ2世はフランス王フランソワ1世の保護下でナバラ王を名乗った。

1516年ノワイヨンで、1518年モンペリエで交渉が持たれたものの進展がなかったため、1521年にエンリケ2世の主権を回復すべく兵が派遣された。一時フランス兵によって領土を奪ったものの、結局はスペイン兵によって奪還された。

1525年、エンリケ2世はパヴィアの戦いで捕虜となったが脱出に成功し、翌1526年にはフランソワ1世の姉マルグリットと結婚した。彼女との間にアンリ4世の母となるジャンヌ・ダルブレ(ナバラ女王フアナ3世)をもうけた。

ユグノーに対して同情的だったといわれるエンリケ2世は、1555年5月25日にポーで死去した。