カラタユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'Calatayud'

Calatayud Spain.svg   Escudo de Calatayud.svg

20080817-Calatayud.jpg
アラゴン州
サラゴサ県
面積 154km²
標高 530m
人口 21,040人(2007年)
人口密度 136人/km²
Calatayud in Aragon.png

北緯41度21分00秒 西経1度38分00秒 / 北緯41.35000度 西経1.63333度 / 41.35000; -1.63333

カラタユーCalatayudアラゴン語:Calatayú)は、スペインの町。アラゴン州サラゴサ県に属する。人口は20,263人(2005年)。エブロ川の支流ハロン川に沿い、北緯41度21分西経1度38分に位置する。北東に87kmの距離にサラゴサがある。

歴史[編集]

ローマ人により「アウグスタ・ビルビリス」という名前で建設された。現在のカラタユーの北4kmに遺跡が残っている。ローマ詩人マルティアリスはその地の生まれである。

現在の市街はイスラム教徒によってアユーブ城の周りに建てられたもので、古くからのビルビリスの住民はいなくなった。「アユーブ城の砦」がカラタユーの語源になっている。1120年アラゴン王国アルフォンソ1世により征服された。

カラタユーはコムニダ・デ・カラタユー郡の都である。19世紀に3年間この郡を中心にいくつかの郡を集めてカラタユー県が置かれ、カラタユーが県都となったことがある。

名所[編集]

サンタ・マリア教会の塔
  • サンタ・マリア教会 - 町の中心部にあったモスクの上に建てられた。16世紀に造られたムデハル様式の後陣や塔があり、世界遺産に登録された「アラゴンのムデハル様式の建築物」の一部となっている。
  • サン・ペドロ・デ・ロス・フランコス教会 - アルフォンソ1世とともにカラタユーを征服したフランス人によって建てられた。1461年、この教会でフェルナンド2世の立太子式がアラゴン議会の承認のもとに行われた。1978年、現代のアラゴン議会が初めて開かれたのもこの教会の中である。

交通[編集]

マドリードからカラタユーを通ってサラゴサ、タラゴナに向かう高速鉄道(AVE)の駅がある。2007年にはバルセロナまで延伸する予定である。マドリードからは1時間10分。

同様にマドリードからカラタユーを通ってサラゴサ、バルセロナに向かう高速道路A-2が通じている。

外部リンク[編集]