ゲラシウス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲラシウス2世
第161代 ローマ教皇
GelasioII.gif
教皇就任 1118年1月24日
教皇離任 1119年1月29日
先代 パスカリス2世
次代 カリストゥス2世
個人情報
本名 ジョヴァンニ
死去 1119年1月29日
クリュニー
原国籍 イタリア

ゲラシウス2世(? - 1119年1月29日)は、第161代ローマ教皇(在位:1118年1月24日 - 1119年1月29日)。

生涯[編集]

イタリアガエータ出身。助祭枢機卿聖庁尚書院長などを歴任したが、教皇に選出される1118年までに司祭にはなっていない。前教皇のパスカリス2世は神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世と対立して劣勢にあった。そのため、ハインリヒ5世が支援する対立教皇グレゴリウス8世によって教皇職を追われてフランスに逃亡した。

1119年1月24日に在位1年5日でクリュニーで死去した。

参考文献[編集]