アナスタシウス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナスタシウス4世
第168代 ローマ教皇
B Anastasius IV.jpg
教皇就任 1153年7月8日
教皇離任 1154年12月3日
先代 エウゲニウス3世
次代 ハドリアヌス4世
個人情報
本名 コラード(コルラド・ディ・スブッラ)
死去 1154年12月3日
原国籍 イタリア

アナスタシウス4世(? - 1154年12月3日)は、第168代ローマ教皇(在位:1153年7月8日 - 1154年12月3日)。

生涯[編集]

ローマ出身。1111年枢機卿に叙任され、インノケンティウス2世の時代には代理司教に叙任された。1153年7月に先代のエウゲニウス3世が死去したため、ラテラノ大聖堂で即位した。

アナスタシウス4世は奢侈を好み、特にラテラノ大聖堂を気に入って装飾に特に尽力した。ローマ神殿パンテオンの修復も行なっている。高齢だったことから1154年12月3日に死去。

参考文献[編集]