グレゴリウス12世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレゴリウス12世
第205代 ローマ教皇
Gregory XII.jpg
教皇就任 1406年11月30日
教皇離任 1415年7月4日
先代 インノケンティウス7世
次代 マルティヌス5世
個人情報
本名 Angelo Coraria
出生 1326年
Flag of Most Serene Republic of Venice.svgヴェネツィア共和国 ヴェネツィア
死去 1417年10月18日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg教皇領 レカナーティ
その他のグレゴリウス

グレゴリウス12世(Gregorius XII, 1326年 - 1417年10月18日)は、教会大分裂の時期に選出されたローマ教皇(在位:1406年 - 1415年)である。

ヴェネツィア出身で、本名はアンジェロ・コレル(Angelo Coraria)。インノケンティウス7世の急死後、ローマ教皇に選出される。アヴィニョン対立教皇ベネディクトゥス13世がいた。

1409年ローマフランス双方の枢機卿が集まり、教会大分裂を収束すべくピサ教会会議を開催する。当時は公会議主義の主張が高まっていた時期である。グレゴリウス12世及びベネディクトゥス13世の両教皇は会議に出席しなかったが、公会議は2人を廃位とし、ミラノ大司教を新たに教皇に選出した(アレクサンデル5世)。しかし、グレゴリウス12世もベネディクトゥス13世も同意しなかった為、3人の教皇が鼎立する状態になった。アレクサンデル5世は急死し、ヨハネス23世がその後を継ぐ。

1414年から開催されたコンスタンツ公会議でグレゴリウス12世を含む3人の教皇が廃位を宣言される。グレゴリウス12世は退位に同意し、1417年マルティヌス5世が選出されると、ようやく教会大分裂が解消された。

グレゴリウス12世は晩年をアンコーナで過ごし、レカナーティで死去。エウゲニウス4世は甥に当たる。