ペトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペトロ(ペトル)
聖ペトロのイコン聖カタリナ修道院正教会)所蔵。同修道院は現存する初期のイコンを収蔵しており、その中にはこのような6世紀の蝋画法によるイコンも含まれている。
使徒
他言語表記 : Απόστολος Πέτρος
生誕
死没 67年?
ローマ
崇敬する教派 カトリック教会
聖公会
ルーテル教会
正教会
非カルケドン派
記念日 6月29日ユリウス暦を使用する正教会では7月12日に相当)

ペトロ(生年不明 - 67年?)は、新約聖書に登場する人物で、イエス・キリストに従った使徒の一人。シモン・ペトロペテロケファともいわれる。聖人の概念をもつ全てのキリスト教諸教派正教会東方諸教会カトリック教会聖公会ルーテル教会)において聖人とされ、その記念日(聖名祝日)は6月29日ユリウス暦を使用する正教会では7月12日に相当)である。

カトリック教会においては「使徒の頭」[1]正教会においてはパウロ(パウェル)と並んで首座使徒の一人と捉えられている[2]

名称[編集]

本名はシモン(ヘブライ語読みでは「シメオンשמעון。「シモン」は「シメオン」の短縮形)であるが、イエスにより「ケファ」(アラム語で岩の断片、石という意味)というあだ名で呼ばれるようになった。後に同じ言葉のギリシア語訳である「ペトロス」(主格格変化語尾を除いて名詞幹のみにしたカトリック教会の慣用日本語訳表記で「ペトロ」となる)という呼び名で知られるようになる。「ペトロ」はカトリック教会とエキュメニズムの『新共同訳聖書』の表記法であり、日本の聖書用語に大きな影響を与えたプロテスタントの『文語訳聖書』とプロテスタントの他の翻訳では「ペテロ」と表記される。[3][4]

パウロも書簡の中で、ペトロのことを「ケファ」と呼んでいる。この名はイエスが「私はこの岩の上に私の教会を建てる」[5]と言ったことに由来している。この一節は全ての共観福音書に見られるが、ただマタイのみが「天の国の鍵」をペトロが受けるだろうとしている。

また、「ペトロ」は聖ペトロにちなむヨーロッパ諸言語の一般的な男性名としても用いられ、現代言語では英語ピーターフランス語ピエールイタリア語ピエトロドイツ語ペータースペイン語ポルトガル語ペドロロシア語ピョートルなどのように発音される。

日本正教会では教会スラヴ語から「ペトル」と転写する。正教会ではペトル(ペトロ)を首座使徒との呼称を以て崇敬する。

生涯[編集]

マタイによる福音書』、『マルコによる福音書』によればペトロはガリラヤ湖で弟アンデレと共に漁をしていて、イエスに声をかけられ、最初の弟子になった。

ルカによる福音書』ではイエスとの出会いはゲネサレト湖の対岸にいる群衆への説教に向かうイエスが彼の船を使った時とされる。伝承では、ペトロはイエスと出会った時には既に比較的高齢であったという。共観福音書はいずれもペトロの姑がカファルナウムの自宅でイエスに癒される姿を記しており、ここからペトロが結婚していたことが分かる。幾つかの伝承ではペトロに娘がいたとも伝えている。

ペトロは弟子のリストでも常に先頭にあげられており[6]、イエスの問いかけに弟子を代表して答えていること[7]などから、イエスの存命中から弟子たちのリーダー的存在であったことがうかがわれる。また、主イエスの変容(姿が変わって神性を示した出来事)をペトロはヤコブヨハネの選ばれた三人だけで目撃している。

イエスの受難においてペトロが逃走し、イエスを否認したことはすべての福音書に書かれている。また『ヨハネによる福音書』によれば、イエスの復活時にはヨハネと共にイエスの墓にかけつけている[8]

使徒言行録』ではペトロはエルサレムにおいて弟子たちのリーダーとして説教し、イエスの名によって奇跡的治癒を行っている。やがてヤコブ (イエスの兄弟)がエルサレム教団のリーダーとして活躍しはじめると、ペトロはエルサレムを離れ、各地を巡回するようになる。カイサリアではコルネリウスというローマ帝国の百人隊長に教えを説いている。「コリントの信徒への手紙一」によれば、ペトロは妻を連れて各地の教会をめぐっていたようである[9]

カラヴァッジォによる『聖ペトロの逆さ磔』

聖書にはそれ以上の記述はなく、史実的にも実証できないが、外典である『ペトロ行伝』にも見られる聖伝ではローマへ宣教し、ネロ帝の迫害下で逆さ十字架にかけられて殉教したとされている。伝承では67年とされる。また同じ伝承によると、ペトロが迫害の激化したローマから避難しようとアッピア街道をゆくと、師のイエスが反対側から歩いてくる。彼が「主よ、どこへいかれるのですか?(Domine, quo vadis?)」と問うと、イエスは「あなたが私の民を見捨てるのなら、私はもう一度十字架にかけられるためにローマへ」と答えた。彼はそれを聞いて悟り、殉教を覚悟してローマへ戻ったという。このときのペトロのセリフのラテン語訳「Quo vadis?クォ・ヴァディス)」(「どこへ行くのですか」の意)はよく知られるものとなり、1896年にはポーランドノーベル賞作家ヘンリック・シェンキエヴィチがローマにおけるキリスト教迫害を描いた同名小説を記し、ハリウッドでも同名タイトルで映画化されている。

ペトロとキリスト教[編集]

ピーテル・パウル・ルーベンスの描いた初代教皇ペトロ

カトリック教会ではペトロを初代のローマ教皇とみなす[10]。これは「天の国の鍵」をイエスから受け取ったペトロが権威を与えられ、それをローマ司教としてのローマ教皇が継承したとみなすからである[11]

一方正教会非カルケドン派ではペトロが初代アンティオキア総主教であり[12][13]、のちにローマに行き致命した(殉教した)とするが、全世界の教会に対する権威をペトロが持っていたとは認めていない[14](ペトロを初代ローマ主教に数えるかどうかについては正教会内で見解が分かれる[15][16][17])。正教会の教会論では全ての主教がペトロを受け継ぐものである[14]

一方、カトリックから分離した経緯をもつプロテスタント諸教会では、ペトロの権威は継承されるものでなく、彼一代限りのものであるという解釈を示している。また多くのプロテスタント教会ではペトロを「ペトロ」・「ペテロ」と呼ぶことはしない。

さらに司教ないし主教という役職は、キリスト教が発展するなかで生じたものであり、ペトロの時代にはまだそのような意識はなかったはずだとする意見もある[誰によって?]

新約聖書公同書簡に属する『ペトロの手紙一』と『ペトロの手紙二』はペトロの書簡であるが、現在では彼自身のものではないという説もある。アラマイ語を母語とする漁師出身のペトロが、書簡に現れる一定の水準をもったギリシア語をつづる能力があったと考えることは困難であるとの理由である。しかし、その論理を採用するなら、ヨハネの福音書や手紙、黙示録、また、マタイの福音書の著者も誰なのか確定できなくなる。本文中に著者がペトロであることが明白に書き記されており、にもかかわらずペトロ以外の第三者の著作であるとするなら、聖書の信憑性に疑いがかかる可能性は否定できない。ただし、当時の著作[権]の問題は、現代のそれとは異なることに留意すべきである。秘書あるいは教えを継承した者によって記されたものが、出所/ソースの名に帰せられたことは、充分考えられることである。第三者の著作であるとの見解を持つ神学者の中には、第1書簡については、ギリシア語を話すペトロの同伴者のもので、比較的よくペトロの思想を反映している可能性を指摘する者もいる。第2書簡は、2世紀以後の著作である可能性が指摘される。第2書簡が正典視されたのは4世紀半ば以後であり、シリア正教会では6世紀まで第2書簡を正典には数えなかった。

また新約外典のなかにも、『ペトロの黙示録』などペトロの名を冠した文書があるが、これらは初代教会の時代からペトロのものとは考えられておらず、正典におさめられることがなかった。

ペトロとサン・ピエトロ大聖堂[編集]

かつてローマの郊外であったバチカンの丘のペトロの墓と伝えられる場所に後世になって建てられたのがサン・ピエトロ大聖堂(聖ペトロの大聖堂)である。サン・ピエトロ大聖堂の主祭壇下にはペトロの墓所があるという伝承が伝えられていたが、実際はどうだったのかは長きにわたって謎とされていた。しかし1939年以降、ピウス12世は考古学者のチームにクリプタ(地下墓所)の学術的調査を依頼した。すると紀元2世紀につくられたとされるトロパイオン(ギリシャ式記念碑)が発見され、その周囲に墓参におとずれた人々のものと思われる落書きやペトロへの願い事が書かれているのが見つかった。さらにそのトロパイオンの中央部から丁寧に埋葬された男性の遺骨が発掘された[18]。この人物は1世紀の人物で、年齢は60歳代、堂々たる体格をしていたと思われ、古代において王の色とされていた紫の布で包まれていた。

1949年8月22日ニューヨーク・タイムズはこれこそペトロの遺骨であると報じて世界を驚かせた。さらに1968年にパウロ6世はこの遺骨が「納得できる方法」でペトロのものであると確認されたと発表した[19][20]。もちろん考古学的には上記の「状況証拠」しかないので、真偽については半世紀以上が経過した2010年代になっても論争が続いている[19][20]

当該遺骨は発掘後、専用の棺が作られてそこに納められた上で、クリプタに設けられた専用の施設に安置されている[19][20]。通常は一般には非公開であるが、フランシスコはこの公開を許可し[20]2013年11月24日、前年10月から行われていた信仰年の締めくくりミサの中で、この棺が初めて公開された[19][21]

文化としてのペテロ[編集]

カラバッジオによるペテロの否認
  • 「わたし(主のこと)はあなた(ペテロのこと)に天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上でも解くことは、天上でも解かれる。」というマタイによる福音書の16:19の記述から、ペテロと言えば、映画やコミックなどでは、天国の門の前に立ち、リストを見ながら天国へ行ける人を選別する白髭のお決まりのキャラクターとしてしばしば描かれる。
  • 最後の晩餐のあと、キリストはペテロに「あなたは鶏が鳴く前に3度、私を知らないというだろう」と予言し、ペテロは「絶対にありえない」と否定するが、翌日キリストが連行され、ペテロがその様子をうかがっていると、周囲から「おまえもキリストの弟子だろう」と詰め寄られると「違う」と否認してしまう。ペテロは再三問われ、3度目に否認した直後、鶏が雄たけびを上げ、その声を聞いてペテロはキリストの予言を思い出し、涙にくれる。この場面は「ペテロの否認」として、レンブラントカラバッジオをはじめ、幾度となく絵画に描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 教義と組織(カトリック中央協議会)
  2. ^ Славных и всехвальных первоверховных апостолов Петра и Павла († 67)
  3. ^ 鈴木範久『聖書の日本語』岩波書店
  4. ^ 新聖書辞典
  5. ^ マタイ16:17-19
  6. ^ マタイ10:2ほか
  7. ^ マタイ16:16
  8. ^ ヨハネ20:1-10
  9. ^ 一コリント9:4
  10. ^ The List of Popes (英語)
  11. ^ St. Peter, Prince of the Apostles (英語)
  12. ^ Primates of the Apostolic See of Antioch | Antiochian Orthodox Christian Archdiocese
  13. ^ Chronological List of the Patriarchs of Antioch
  14. ^ a b オリヴィエ・クレマン著、冷牟田修二・白石治朗訳、『東方正教会』106頁 - 109頁(クセジュ文庫)白水社、1977年。ISBN 978-4-560-05607-3 (4-560-05607-2)
  15. ^ ペトロを初代ローマ教皇に数えているモスクワ総主教の祝福によるサイト:Римские папы. Список и биографии (ロシア語)
  16. ^ リヌスを初代ローマ教皇とする、英語で運営される正教会のオンライン百科事典:Apostle_Linus(OrthodoxWiki) (英語)
  17. ^ リヌスを初代ローマ教皇とする、帝政時代発行のロシア語の百科事典(Энциклопедический Словарь Ф.А.Брокгауза и И.А.Ефрона (С.-Петербургъ, 1890—1907)):Лин, епископ Рима (ロシア語)
  18. ^ The Bones of St. Peter by John E. Walsh
  19. ^ a b c d 聖ペテロの「遺骨」初めて公開 バチカンのミサで、2013年11月24日付スポーツニッポン
  20. ^ a b c d 「聖ペテロの遺骨」一般公開へ バチカンで初めて、2013年11月19日付日本経済新聞
  21. ^ Pope Francis holds relics of St. Peter, as he celebrates closing 'Year of Faith' Mass - YouTube

関連項目[編集]