インノケンティウス5世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インケンティウス5世
第185代 ローマ教皇
InnocentV.jpg
教皇就任 1276年1月21日
教皇離任 1276年6月22日
先代 グレゴリウス10世
次代 ハドリアヌス5世
個人情報
本名 Pierre de Tarentaise
出生 1225年
Coat of arms of the House of Savoy (early).svg サヴォイア伯国
死去 1276年6月22日
教皇領 ローマ
その他のインノケンティウス

インノケンティウス5世(Innocentius V,1225年 - 1276年6月22日)はローマ教皇(在位:1276年)。本名はピエール・ド・タランテーズ(Pierre de Tarentaise)。ドミニコ会出身で初の教皇である。

説教師として名を馳せ、ローマ教皇庁で順調に出世、グレゴリウス10世没後のコンクラーヴェで教皇に選ばれた。しかし、東ローマ帝国皇帝ミカエル8世パレオロゴスに強圧的な態度を取った為、東西教会の合同を危うくした。背景にシチリアシャルル・ダンジューの存在があったとされる。

就任から僅か半年で死去、後任にハドリアヌス5世が選出された。後に列福された。