魔女に与える鉄槌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『魔女に与える鉄槌』1669年版の表紙

魔女に与える鉄槌』(まじょにあたえるてっつい、: Malleus Maleficarum)とは、15世紀ドミニコ会士で異端審問官であったハインリヒ・クラマー(Heinrich Kramer)とヤーコプ・シュプレンガー(Jacob Sprenger)によって書かれた魔女に関する論文。

概説[編集]

『魔女に与える鉄槌』は1486年にクラマーとシュプレンガーによって書かれ、1487年にドイツで出版された。中世における魔女理解のエッセンスともいうべき本であり、1435年ヨハンネス・ニーダー(Johannes Nider)の『蟻塚』(Formicarius)とならんで中世の魔女関連書の中でもっとも有名なものである。

本書の執筆目的は魔女の妖術の存在を疑う人々への反駁と妖術の犯人は男より女が多いことを示すこと、および魔女発見の手順とその証明の方法について記すことであった。現代の研究者たちはほとんどがクラマーの手によるもので、シュプレンガーは名前を貸しただけでほとんど内容に携わっていないという点で一致している。

1484年12月5日、教皇インノケンティウス8世魔女狩りを行うことへのお墨付きを与えてほしいと願ったクラマーに対して回勅「限りなき願いをもって」(Summis desiderantes affectibus)によって答えた。クラマーはこの回勅を『魔女に与える鉄槌』の序文として転用している。これによって彼らの著作が教皇のお墨付きを得ているかのような印象を与えることに成功したが、本来この回勅は審問官としての二人の役割を認めるだけのものであった。しかし、教皇の回勅が魔女の存在とその弾劾の必要性を認めたことが、血塗られた魔女狩りの時代を開くきっかけとなった。

クラマーは1487年5月9日に『魔女に与える鉄槌』をケルン大学神学部に送付して大学による学術的承認をもとめた。4人の教授が署名し、同書の考察は是認しうるものとの所見を記した。また、8人の署名入りの別の鑑定書があるが、これは同書の内容には直接触れていない。いずれにせよこれは学部としての正式な認定ではなく、署名した教授たちもクラマーを積極的に支持したわけではなかった。クラマーは「ケルン大学神学部による承認を受けた」として書物を宣伝したが、ケルン大学は後にこの鑑定を誤りとして訂正しようとした。このため8人の教授の鑑定書はクラマーが捏造したものとの説が後世に生じた[1]

1490年、教会の異端審問部はクラマーを弾劾したが、同書は魔女狩りのハンドブックとして読まれ続け、1487年から1520年までの間に13版を数えた。1574年から1669年までにさらに16版が印刷された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ライナー・デッカー 『教皇と魔女』 佐藤正樹・佐々木れい訳、法政大学出版局〈叢書ウニベルシタス〉、2007年。

外部リンク[編集]