ロレンソ・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖ロレンソ・ルイス
殉教者
生誕 1600年
フィリピンの旗 フィリピン マニラ
死没 1637年9月29日
日本の旗 日本 長崎
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1981年2月18日
列福場所 マニラ
列福決定者 ヨハネ・パウロ2世
列聖日 1987年10月18日
列聖場所 ローマ
列聖決定者 ヨハネ・パウロ2世
記念日 9月28日

ロレンソ・ルイスLorenzo Ruiz1600年頃 - 1637年9月27日)は、江戸時代初期に長崎で殉教したキリシタンカトリック教会聖人。日本に最初に到着したフィリピン人といわれる。

生涯[編集]

彼の生年月日は不明で、記録によるとマニラのビノンドでから移住してきた中国人男性と現地の女性との間に生まれた。なお、おそらく洗礼を授かったと思われる。教会に通いドミニコ会ロザリオ会員として信仰生活を送り、1男1女をもうけた。

ところが1633年に殺人事件に遭遇し容疑者とされた。当時、犯罪の有無を問わず死刑にされたため逃走し、宣教師が乗船していた日本行きの船に乗った。ロレンソら一行は琉球(現在の沖縄県)に到着してすぐ捕らえられ長崎に護送され、長崎奉行から棄教させるための拷問を受けるが彼は信仰をもってそれに応じず、1637年9月27日、西坂で穴吊りの刑に処せられ殉教(死去)した。

同時期に長崎で殉教したドミニコ会関係者らとともに、「聖トマス西と15殉教者」として1981年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によってマニラで列福され、6年後の1987年にローマで列聖された。

参考文献[編集]

  • 『長崎十六殉教者 神のしもべ達の横顔』 ドミニコ会、1981年
  • 『聖トマス西と15殉教者』 カトリック中央協議会、1987年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ロレンソ・ルイス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。