タガログ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タガログ語
Tagalog
話される国 フィリピンの旗 フィリピン
地域 ルソン島ミンドロ島
母語話者数 2,200万(第一言語)
5,000万(第二言語)
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 フィリピンの旗 フィリピンフィリピン語として)
統制機関 フィリピン言語委員会
Komisyon sa Wikang Filipino
言語コード
ISO 639-1 tl
ISO 639-2 tgl
ISO 639-3 tgl
フィリピンにおけるカタログ語話者の主な分布
テンプレートを表示

タガログ語(タガログご、Tagalog)はフィリピン言語の一つ。フィリピンのうち首都マニラを含むルソン島南部を中心に用いられている言語で、英語とともにフィリピンの公用語として採用されている。オーストロネシア語族に属する。

フィリピン語 (Filipino) は憲法に定められた国語としての名称であり、実質的にタガログ語とほぼ同じと考えてよい。タガログ語がfとpの区別を持たないため、この言語は「ピリピノ」語 (Pilipino) と名づけられたが、1972年憲法で「フィリピノ」語 (Filipino) に改称された。

音韻・文字[編集]

アリバタ文字一覧
同じ子音の字の表記例

かつてはインド起源の音節文字アリバタ)やアラビア文字を用いていたが、現在はもっぱらラテン文字(ローマ字)を用いる。母音はa, e, i, o, uの5個。子音はp, t, k, '声門閉鎖音), b, d, g, m, n, ng, s, h, l, r, w, yの16個がある。ただし、スペイン語英語由来の固有名詞には c , f , j , q , v , x , z も用いられる。タガログ語のローマ字は「アバカダ」と呼ばれ、1987年に制定されたものである。「アバカダ」という名前の由来は、英語のABCD(エイ・ビー・シー・ディー)にあたる先頭の4文字がABKD(ア・バ・カ・ダ)であることによる。表記はほぼ発音通りであるが、ngが単独の子音であることに注意されたい。また、スペイン語、英語に由来する固有名詞は、タガログ語本来のつづり字の発音と異なる場合がある。

アクセントの区別があるが、辞書などを除いて表記されない。たとえばasoは、aにアクセントを置くと「犬」、oにアクセントを置くと「煙」を意味する。また、スペイン語に由来する固有名詞で、スペイン語の原つづりにアクセント記号がつく場合でも省略されることが多い。例:San Jose(←San José), Corazon(←Corazón) Aquino。

母音[編集]

  • a
  • e
  • i
  • o
  • u

二重母音[編集]

スペイン語からの借用語における二重母音は次のような特徴がある。

  • 弱母音+強母音はその音節にストレスがある場合は半母音字 "w","y" を挿入する。ストレスのない場合は弱母音字"i","u"を"y","w"に変える。発音もタガログ語のつづりに従う。そのため、ストレスがある場合原語より一音節増える。
  • [-i]はスペイン語において語中では"-i"、語末では"-y"とつづるのが原則だが、タガログ語では語中でも"-y"とつづることがある。

子音[編集]

2字下げは外来語のみに用いられる文字。

  • b /b/
    • c (+i,e /s/), (+a,o,u /k/)
  • d /d/
    • f /f/(/p/で代用されることも)
  • g /g/: "ge" [ge] "gi" [gi]、但しスペイン語由来の固有名詞では"ge" [he へ] "gi" [hi ひ], "gue" [ge] "gui" [gi]
  • h /h, は、・ひ、・ふ、・へ、・ほ/
    • j /h, /(スペイン語由来),/d3/(英語由来)
  • k /k, か、・き、・く、・け、・こ/
  • l /l ら、・り、・る、・れ、・ろ/
  • m /m, ま、・み、・む、・め、・も/
  • n /n, な、・に、・ぬ、・ね、・の、・ん/
  • p /p, ぱ、・ぴ、・ぷ、・ぺ、・ぽ/
    • q:que [ke け],qui [ki き](スペイン語由来)、qu- /kw-/(英語由来)
  • r /r/歯茎ふるえ音または歯茎はじき音。スペイン語からの借用語の場合、スペイン語の規則が踏襲される。
  • s /s/
  • t /t/: ts /tʃ/
    • v /b ば、・び、・ぶ、・べ、・ぼ/: 英語由来の語では /v, ヴァ、・ヴィ、・ヴ、・ヴェ、・ヴォ/ とも発音される
  • w /w/
    • x /s さ、・し、・す、・せ、・そ/ または /ks/ または /h は、・ひ、・ふ、・へ、・ほ/
  • y /j/
    • z /s/

スペイン語つづりのタガログ化

  • ca,co,ku→ka,ko,ku > カ、コ、ク
  • j→h *que,qui→ke,ki, >ケ、キ
  • v→b >バ、ビ、ブ、ベ、ボ
  • z→s>サ、セ、ソ
  • ñ→ny
  • ll→ly
  • ch→ts>ツ

基本表現[編集]

タガログ語の主な挨拶表現と数詞を紹介する。目上や年上の人との会話には「po」を文章の最後に付ける。「po」をつけた敬語表現では相手が1人でも必ず二人称を複数形にする。

  • Magandang umaga. - おはよう。
    • Magandang umaga po. - おはようございます。
  • Magandang tanghali. - こんにちは。(正午頃)
    • Magandang tanghali po. - 上に同じ
  • Magandang hapon. - こんにちは。(午後)
    • Magandang hapon po. - 上に同じ
  • Magandang gabi. - こんばんは。
    • Magadang gabi po. - 上に同じ
  • Kumusta ka? - お元気ですか?
  • Paalam. - さようなら。
  • Salamat. - ありがとう。
    • Maraming salamat po. - どうもありがとうございます(した)。
  • Walang anuman. - どういたしまして。
    • Wala pong anuman. - 上に同じ
  • Pasensya ka na. - ごめんなさい。
    • Pasensya na po kayo. - どうもすみません。
  • Sino po sila? - どちら様ですか?(silaは二人称単数の最敬語表現。電話の応答等で使う)
  • Tao po. - ごめんください。
  • Nandito na ako. - ただいま。

数詞:( )内はスペイン語からの借用語で、時刻を言うときなどに用いる。

  • isa (uno/una) - 1 (1時は『ala una』)
  • dalawa (dos) - 2 (2時は『alas dos』)
  • tatlo (tres) - 3 (3時は『alas tres』)
  • apat (kuwatro) - 4 (4時は『alas kuwatro』)
  • lima (singko) - 5 (5時は『alas singko』)
  • anim (seis) - 6 (6時は『alas seis』)
  • pito (siyete) - 7 (7時は『alas siyete』)
  • walo (otso) - 8 (8時は『alas otso』)
  • siyam (nuwebe) - 9 (9時は『alas nuwebe』)
  • sampu (diyes) - 10 (10時は『alas diyes』)
  • labing-isa (onse) - 11 (11時は『alas onse』)
  • labing-dalawa (dose) - 12 (12時は『alas dose』)

時刻表現の例。

  • 「朝5時」は「alas singko ng umaga」
  • 「朝8時半」は「alas otso y medya ng umaga」(『y medya』は半分)
  • 「正午」は「alas dose ng tanghali」または「alas dose en punto」
  • 「昼の3時」は「alas tres ng hapon」
  • 「夜6時45分」は「alas seis kuwarenta y singko ng gabi」(『kuwarenta y singko』は45)
  • 「深夜12時」は「alas dose ng hatinggabi」
  • 「深夜3時」は「alas tres ng madaling-araw」(『madaling-araw』は早朝を意味する)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]