マニュエル・ケソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・ルイス・ケソン・イ・モリーナ
Manuel Luis Quezon y Molina
Manuel L. Quezon (November 1942).jpg

任期 1935年11月15日1944年8月1日

出生 1878年8月19日
バレール
死去 1944年8月1日(満65歳没)
サルナック・レイク
政党 国民党
配偶者 アウロラ・アラゴン・ケソン

マニュエル・ルイス・ケソン・イ・モリーナManuel Luis Quezon y Molina, 1878年8月19日 - 1944年8月1日)はフィリピンコモンウェルス(独立準備政府)初代大統領

20ペソ紙幣に肖像が使用されている。

プロフィール[編集]

1878年8月19日にタヤバス州(現在のケソン州バレル町で生まれ、サン・フアン・デ・レトラン大学タガログ語版文学部に入学し16歳で卒業。1899年宗主国であるアメリカ合衆国からの独立運動に参加するためサント・トーマス大学法学部を中退してエミリオ・アギナルド革命軍に参加する。1903年に卒業、司法試験に合格して弁護士活動を一年間行った。

1905年、タヤバス州知事選に当選し知事を二年間務めた。1907年の第一回総選挙に即時独立を求める国民党から出馬し国民議会(一院制)議員に当選、与党院内総務を務めた。1909年、駐米委員に任命された。1916年、安定した政府の樹立を条件に将来の独立を盛り込んだアメリカのジョーンズ法タガログ語版(フィリピン自治法)の成立に尽力、その功績を背景に二院制議会の上院議長に就任した。1935年、新憲法国民投票で批准され、総選挙でコモンウェルスの大統領に選出された。

大統領再選の1941年12月に日本がアメリカに宣戦布告し、翌1942年に日本がフィリピンを占領した後、アメリカに渡り亡命政府を樹立した。フィリピン完全独立を見届けることなく志半ばの1944年8月1日ニューヨークで持病の肺結核により逝去。

「フィリピン語の父」[編集]

現在のケソン市は彼の名に由来する。1937年タガログ語国語と定めたことから「フィリピン語の父」といわれる。

家族[編集]

1918年オーロラ・アラゴンと香港で結婚した。ケソンとオーロラ・アラゴンはいとこ同士である。4人の子供を残した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]