ロドリゴ・ドゥテルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロドリゴ・ドゥテルテ

ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte[1], 1945年3月28日[2] - )は、フィリピン政治家ダバオ・デル・スル州ダバオ市の現副市長。フィリピンのタグン市出身[1]1988年にダバオ市長に選出され、1992年1995年に改選、3期務める。1998年にダバオ市初となる下院議員となり、2001年まで務める。2001年に再びダバオ市長に立候補して当選し、2004年と2007年に改選され3期、合計で市長職を6期務める[3]2010年の改選では自身は立候補せず、娘のサラ・ドゥテルテが立候補し当選、ロドリゴは副市長となった。

政治家として[編集]

ドゥテルテの執政下では、記録的な好況を実現し、ダバオ市は相対的な平和と安定を迎えた。市の観光局は、犯罪発生率を劇的に軽減させることに成功した「東南アジアで最も平和な都市」を標榜している[3]。ダバオ市はドゥテルテの容認の下で「ダバオ・デス・スクワッドDavao death squads)」と呼ばれる組織が犯罪者を不法に殺害しているとされ、人権団体やアムネスティ・インターナショナルが批判している[3][4][5][6]。タイム誌は彼を「処刑人」と呼んだ[3]。ドゥテルテはこのような不法な殺人について自身のいかなる関与も否定している[7]

出典[編集]

  1. ^ a b Personal Data from i-site.ph. URL last accessed 2006-10-14.
  2. ^ Mayor's Bio Data from the official website of Davao City. URL last accessed 2006-10-12.
  3. ^ a b c d Zabriskie, Phil: The Punisher, Time magazine (Asia edition), June 24, 2002. URL last accessed 2006-10-12.
  4. ^ Amnesty International Press release ASA 35/004/2002: Philippines: Protect the community from crime - but not at the cost of human rights, July 23, 2002. URL last accessed 2006-10-12.
  5. ^ Amnesty International Pacific, document ASA 35/001/2005: Philippines: Sharp rise in "vigilante" killings as human rights activist’s death remains unsolved, February 1, 2005. URL last accessed 2006-10-12.
  6. ^ Amnesty International: Worldwide Appeals - Philippines: Sharp rise in 'vigilante' killings, The Wire, 35(3), April 2005. URL last accessed 2006-10-12.
  7. ^ Tesiorna, Ben O.: Mayor denies giving orders to 'death squad', Sun Star (a newspaper of Davao City), July 7, 2003. URL last accessed 2006-10-12.