ガヨ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガヨ語
話される国 インドネシアの旗 インドネシア
地域 スマトラ島
話者数 300,000人(2000年調査)
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 gay
ISO 639-3 gay
テンプレートを表示

ガヨ語(Gayo)は、オーストロネシア語族マレー・ポリネシア語派に属する言語である。話者は北スマトラ州の山岳地域やアチェ州の中アチェ県、東アチェ県、ガヨ・ルス県などに居住するガヨ族の人々である。話者数は1989年の調査で18万人、2000年の調査で30万人である。

ガヨ語はアチェ州の中で他の言語と相違を示す。言語にとどまらず、ガヨ族の芸術や文化もアチェ族とは異なっている。

1907年にG.A.J. Hazeuは、オランダ領東インドの植民政府のために、初のガヨ語・オランダ語辞典を作成した。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Gajosch-Nederlandsch Woordenboek, by G.A.J. Hazeu, Landsdrukkerij Batavia 1907. It is available online as a Google scan.

外部リンク[編集]