ハロハロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリピンのハロハロ
ミニストップのハロハロ

ハロハロ (Halo-halo)とはフィリピンデザートである。日本で言うところのパフェサンデーに相当する。

概要[編集]

ハロとはタガログ語で混ざるという意味で、その名の通りかき氷ミルクをベースとして、各種の果物、甘く煮た類、アイスクリームゼリーナタデココタピオカココナツプリントウモロコシの加工品など、多種多様な材料が用いられる。

歴史[編集]

明治末期、日本からからゆきさんがフィリピンで第二の人生として甘味屋の商売を始めた。蜜豆がベースとなっており、かき氷やアイスクリームなどは戦後になって加えられたものと考えられる。[要出典]

関連項目[編集]

  • ミニストップ - 夏季メニューとして、日本風にアレンジしたハロハロを販売している。