クアヌア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クアヌア語
トライ語
Tinata Tuna
話される国 パプアニューギニア
地域 東ニューブリテン州ガゼル半島
民族 トライ人英語版
話者数 61,000人(1991年)[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 ksd
テンプレートを表示
ニューアイルランド島(中央)およびニューブリテン島(下)の言語

クアヌア語(クアヌアご、Kuanua)は、パプアニューギニア東ニューブリテン州ニューブリテン島)のガゼル半島ラバウルココポなどの町がある)に住むトライ人 (Tolai) の話す固有言語の一つ。トライ語ともいうが、トライは民族名であり、トライ人全てがクアヌア語を話すわけではない。

オーストロネシア語族大洋州諸語中部メラネシア諸語英語版 (Meso-Melanesian) に分類される。パプアニューギニアの多くの固有言語は、トク・ピシンの普及により危機に瀕しているが、クアヌア語にはまだ10万人ほどの母語話者がおり、危険はないとされる。ただし、現在ではトク・ピシンからの借用語が多くなっている。クアヌア語自体がトク・ピシンの基層言語の一つである。

語順SVO型。人称代名詞は4つの人称一人称[両数以上には相手を含める包括形と含めない除外形がある]、二人称三人称)と4つの(単数、両数、三数、複数)で使い分ける(の区別はない)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ethnologue (17th ed., 2013)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]