ポリネシア諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリネシア諸語(-しょご)はポリネシアで話されている、互いによく類似した一群の言語アウストロネシア語族マレー・ポリネシア語派大洋州諸語に属する。 サモア語ツバル語タヒチ語ハワイ語マオリ語トンガ語など、太平洋中部から東部にかけての主要な言語の大半を含む[1]

マレー・ポリネシア語派はポリネシアを含む太平洋諸島、東南アジア島嶼部からマダガスカルに至る様々な言語(インドネシア語タガログ語なども含む)からなり、ポリネシア諸語はそのうちのごく一部にすぎない。後述のポリネシア諸語の特徴も、多くのマレー・ポリネシア諸語と異なる点がある。

系統分類[編集]

分類系統は必ずしも定説化されているわけではない。やや便宜的な側面もあるが、以下のように大きく3つに分けて扱うのは伝統的な方法のひとつである。

  • トンガ語群トンガ語ニウエ語
  • 外縁諸語メラネシア地域に飛び地的に点在するいくつかの小言語)
  • 中核ポリネシア諸語(サモア語も含むその他すべて)

近年の語彙統計学的な研究[2]によれば、トンガ語はニウエ語とさほど近くはなく、却ってサモア語とごく近いとされ(「トンガ・サモア語群」などとも呼ぶ)、また、ツバル語、トケラウ語、ラパヌイ語、マルキーズ語、ツアモツ語、ラロトンガ語、タヒチ語、マオリ語、ハワイ語など「東ポリネシア諸語」と呼ばれる一団も、比較的たがいに近い一系統であるとの結果が出ている。

ポリネシア諸語はまたメラネシアの東フィジー語群(フィジー語を含む)および西フィジー・ロトゥマ語群も近い関係にあり、これらをまとめて中央太平洋諸語と呼ぶ。 歴史的には、メラネシア方面からポリネシアと接する地域(フィジーなど)を通して伝えられたラピタ文化が、トンガサモア方面でポリネシア文化に発展し、さらにこの人々が東部の島々に移住したと考えられており、上記のような言語の系統もその証左となっている。

語彙対照例[編集]

以下、いくつかの言語について語彙の対照を例示する。 なお、e は英語版へのリンク、〔 〕 内は単語の意味、マルキーズ語は左に南部・右に北部方言としている。

マレー・
ポリネシ
ア祖語
インド
ネシア語
(参考)
ポリネシ
ア祖語
/ 意味
トンガ・サモア諸語、外縁諸語 東ポリネシア諸語
トンガ語e
トンガ
ニウエ語e
ニウエ
サモア語e
サモア
レンネル語e
レンネル島
ラロトンガ語e
クック諸島
タヒチ語e
タヒチ
マオリ語e
ニュージーランド
ハワイ語e
ハワイ諸島
マルキーズ語e
マルキーズ諸島
ラパヌイ語e
イースター島
*mata mata *mata / 眼 mata mata mata mata mata mata mata maka mata mata
*laŋit laŋit *laŋi / 空 laŋi laŋi laŋi gaŋi ɾaŋi ɾaʔi ɾaŋi lani ʔani ʔaki ɾaŋi
*bituqen bintaŋ *fetuʔu / 星 fetuʔu fetuː fetuː hetuʔu ʔeːtuː fetuː / fetiʔa ɸetuː hoːkuː fetuː hetuː hetuʔu
*bahi (pərəmpuan) *fafine / 女 fefine fifine fafine hahine vaʔine vahine wahine wahine vehine bahine
*taŋaloa /
タンガロア[' 1]
taŋaloa taŋaloa taŋaloa taŋagoa taŋaroa taʔaroa taŋaroa / takaroa kanaloa tanaʔoa takaʔoa taŋaroa
*sawaiki /
母なる祖地[' 2]
savaiʔi
サバイイ島
avaiki
(自島を指す)
ʔavaiki
〔黄泉の国〕
havaiʔi
ライアテア島
hawaiki
〔伝説上の故郷〕
hawaiʔi
ハワイ島
havaiki
〔黄泉の国〕
  1. ^ 神話に登場する神格名(多くの島では主神か、主要な神のひとりまたは一族)。なお、「タンガロア」という綴りでは正しい音を表せない。できれば4拍で「タカ゚ロア」としたいところ。
  2. ^ 先祖の霊が住むとの含意から、「黄泉の国」のごとき意味も派生する。

特徴[編集]

音韻[編集]

ポリネシア諸語は音韻構造も互いによく似ており、おおむね以下のような特徴をもつ。

  • 典型的な開音節言語で、音節の構成は「子音+母音」または「母音のみ」の2種類である[3]。マレー・ポリネシア祖語にあったと考えられる語末子音は消失している。
  • 母音は i, e, a, o, u の5種類で長短の区別がある。
  • 子音の種類は 8~11個程度と少なめ。声門破裂音 /ʔ/ を独立の音素として持つ言語が多い[4]

前掲の語彙対照表のように言語間を比較すると、母音の変化は比較的少なく、よく保たれているのに対して、子音については一定の変異が見られる。とはいえその場合でも、たとえばレンネル語では祖語の l が g になり、ラロトンガ語では h が ʔ に、ハワイ語では t, k がそれぞれ k, ʔ になる、というように、音韻対応関係はかなり鮮明である。

統辞、文法[編集]

語順VSO型が多いが言語によって異なり、かなり自由なものもある。また一部に能格言語がある。形容詞修飾語は一般に名詞の後につけるが、冠詞(単数定冠詞 te など)は名詞の前につける。文法関係は語順や前置詞などで示す。

また特異な共通点として、所有表現に「a-クラス」と「o-クラス」の区別がある。前者はある人・物によって作られた・所有されているなど(譲渡可能)を表現し、後者はそうでないもの(切り離せない何らかの関係)を表現する。例えばマオリ語では聖書エレミヤ書(エレミヤが書いたとされる本)を Te Pukapuka a Heremaiaヨシュア記(ヨシュアのことを書いた本)を Te Pukapuka o Hōhua という(この場合の a と o は前置詞的に用いるが、所有形容詞にも区別がある)。

マレー・ポリネシア祖語にあったと考えられる接辞による語形成は消失しているが、畳語が多い点は受け継がれている。人称代名詞一人称双数・複数「われわれ」には、他の多くの言語と同様に包括形・除外形(話し相手を入れるか入れないか)の区別がある(サモア語には一人称単数の包括形というのがあって、相手に甘える言い回しに用いる)。

参考文献(外部リンク)[編集]

  1. Austronesian Basic Vocabulary Database - based on the study : Greenhill, S.J., Blust. R, & Gray, R.D. (2008). The Austronesian Basic Vocabulary Database: From Bioinformatics to Lexomics. Evolutionary Bioinformatics, 4:271-283

脚注[編集]

  1. ^ いっぽう、同地域内でポリネシア諸語に含まれない主要な言語には、フィジー語バヌアツ語キリバス語ナウル語などが挙げられる。
  2. ^ #参考文献(外部リンク)の 1. を参照。
  3. ^ この特徴から、日本語と同様、英語などからの外来語には多数の母音が挿入される。例: Christmas → ハワイ語 Kalikimaka。このケースでは2音節の語が5音節で転写されている(参考: 日本語 kurisumasu)。なお、ハワイ語は s 音を欠くため k で代用している。
  4. ^ ハワイ語 Hawaiʻi 「ハワイ」の ʻ が声門破裂音である。