フィジー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィジー語
Na vosa vaka-Viti
話される国 フィジーの旗 フィジー
地域 第一言語バヌアレブ島,ビティレブ島東半, カダブ島, ナヤウ島, ラケンバ島, オネアタ島, モセ島コモ島, ナムカ島, カバラ島ブラガ島オゲア島 バトア島、その他諸島で第二言語
母語話者数 母語話者35万人、第二言語話者20万人
言語系統
オーストロネシア語族
  • マライ・ポリネシア語派
公的地位
公用語 フィジーの旗 フィジー
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 fj
ISO 639-2 fij
ISO 639-3 fij
テンプレートを表示

フィジー語(-ご、フィジー語: Na vosa vaka-Viti)は、フィジーで話される言語オーストロネシア語族に属す。第一言語としての話者は35万人、第二言語としての話者は20万人。1997年にフィジー協会が発足し、英語ヒンディー語にならんで国語としての独立の運動を行っている。

文字と発音[編集]

ラテン文字を用いる

母音[編集]

  • 短母音:a,e,i,o,u
  • 長母音:ā,ē,ī,ō,ū、辞書、教材以外では上に棒(長音符)をつけない
  • 二重母音:ai,ei,oi,au,eu,ou,iu

子音[編集]

他の言語の表記とは大きく異なる。

  • b [mb]
  • c [ð]
  • d [nd]
  • f [f]
  • g [ŋ]
  • j [x]
  • k [k]
  • l [l]
  • m [m]
  • n [n]
  • p [p]
  • q [ŋg]
  • r [r]
  • s [s]
  • t [t]
  • v [β]
  • w [w]
  • y [j]


アクセントは長音(長母音と二重母音)がある場合はそこに来る。短母音だけの語の場合は語末から二番目にアクセントが来る。長い語では末尾の要素のアクセントが主になる。

語順[編集]

VOS型である。

外部リンク[編集]