大洋州諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大洋州諸語の分布図。オレンジがアドミラルティ諸島諸語とヤップ語、黄色がセント・マティア語、緑が西オセアニア語群、紫がテモツ語、残りは中部東オセアニア語群で赤は南東ソロモン語、青は南オセアニア語、ピンクはミクロネシア語、黄土色はフィジーポリネシア語

大洋州諸語(たいようしゅうしょご、Oceanic languages)またはオセアニア諸語とは、オーストロネシア語族マレー・ポリネシア語派に属す言語集団であり、おそらく1つの祖語に由来する系統(語派)をなすと考えられている。およそ450言語からなる。

概要[編集]

話者はオセアニア島嶼部の非常に広い範囲、すなわちポリネシア全域、メラネシアニューギニア島は北岸・東岸部のみ)とミクロネシア(西部を除く)に住み、人口は2百万人を超える。

最も多いのはサモア語(80万人以上)で、次いでフィジー語(50万人以上)が多い。他に10万人またはそれ以上の話者がいる言語としては、キリバス語トンガ語タヒチ語マオリ語クアヌア語(Kuanua、またはトライ語Tolai:ニューブリテン島東部)がある。

かつてメラネシア地域の言語がメラネシア諸語としてまとめられたこともある。メラネシア諸語は音韻論的に比較的複雑で、文法的には被所有物類別されるといった共通点があるが、現在ではミクロネシア諸語(インドネシア・フィリピン諸言語に近いチャモロ語パラオ語は除く)やポリネシア諸語を含めて共通祖語に由来すると考えられている。メラネシア東端部のフィジー語などはポリネシア諸語に近い。ポリネシア諸語は典型的な開音節語で音韻論的にも非常に単純になっている。人称代名詞は3つの人称が区別され、は単数・双数・複数のほか、三数を区別する言語もある。1人称双数以上では除外形と包括形を区別する。

分類[編集]

分類については諸説あるが、普通次のように分類され、語彙統計学的研究([1])もほぼこれを支持する。

文献[編集]

  1. ^ R. D. Gray et al. Language Phylogenies Reveal Expansion Pulses and Pauses in Pacific Settlement. Science 23 January 2009: Vol. 323. no. 5913, pp. 479 - 483[1]