マーシャル諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーシャル諸島共和国
Republic of the Marshall Islands
マーシャル諸島の国旗 マーシャル諸島の国章
国旗 国章
国の標語:Jepilpilin Ke Ejukaan
(マーシャル語: 共同の努力による達成)
国歌マーシャル諸島よ永久に
マーシャル諸島の位置
公用語 マーシャル語英語
首都 マジュロ
最大の都市 マジュロ
政府
大統領 クリストファー・ロヤック
首相 なし
面積
総計 181km2189位
水面積率 11.5%
人口
総計(2005年 61,963人(186位
人口密度 326人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2006年 1億4389万アメリカ合衆国ドル
GDP(MER
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
GDP(PPP
合計(2001年 1億1,500万ドル(220位
1人あたり 1,600ドル
独立 1986年10月21日
通貨 アメリカ合衆国ドルUSD
時間帯 UTC +12(DST:なし)
ISO 3166-1 MH / MHL
ccTLD .mh
国際電話番号 692
マーシャル諸島共和国議事堂

マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国ミニ国家の一つであり、「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。

国名[編集]

正式名称は英語で、Republic of the Marshall Islands。略称は、Marshall Islands

日本語の表記は、マーシャル諸島共和国。通称マーシャル諸島。日本の委任統治領時代は、マーシャル群島と呼称していたが、現在では歴史的な用語となった。

国名のマーシャルは、この辺りの海域を調査したジョン・マーシャルの名に由来する。1788年イギリス東インド会社は、オーストラリアニューサウスウェールズに寄港していたスカーボロー号(船長ジョン・マーシャル)とシャーロット号(船長トーマス・ギルバート)に、の輸送のために広東への回航を指示すると共に、その航路周辺海域の調査を依頼した。この時に両船が調査したのが、マーシャル諸島と、その南に位置するギルバート諸島であった。

歴史[編集]

政治[編集]

国家元首は、行政府の長でもある大統領。議会において、議員の中から選出される。任期は4年。大統領は、議会の議員の中から、閣僚を指名する。

議会は、一院制。33議席。国民の選挙によって選出。任期は4年。

大統領は、大酋長出身のアマタ・カブアが1979年の自治政府発足以来、長期に渡って務めたが、1996年に死去した。現在は2012年1月に就任したクリストファー・ロヤック

地域区分[編集]

マーシャル諸島共和国は24の地区に分かれる。

なお、クェゼリン島に限り、一般人の入域は出来ない(アメリカ軍管轄の駐留部隊の基地があるのみ)。

また、マーシャル諸島共和国はウェーク島の領有を主張しているが、100年以上もアメリカの実効支配下にあり、賛同する国は少ない。

地理[編集]

マーシャル諸島の地図

ラタック列島(Ratak Chain)

ラリック列島(Ralik Chain)

経済[編集]

色と面積で示したマーシャル諸島の輸出品目

IMF世界銀行に加盟している。主要な輸出品目はコプラ魚介類だが赤字が続いている。

現在[いつ?]アメリカ合衆国からの援助に続き経済基盤の整備と外国資本の導入と漁業観光業の振興を促進している。台湾国交を樹立している。

便宜置籍船を誘致しているタックス・ヘイブンのひとつであり、世界有数の船籍国の一つである。

情報・通信[編集]

マーシャル諸島の主要放送局はCPNがあり、ほかに在マーシャル諸島米軍から放送されている米軍放送も受信できる。インターネットにおいてはCabinet Office of the Marshall Islandsというプロバイダが主流である。 新聞はマーシャル・ジャーナルなどがある。

交通[編集]

マジュロに国際空港があり、グアム、ホノルルなどと結ぶ。

国民[編集]

住民はミクロネシア系のカロリニアンである。

言語はマーシャル語英語が公用語であるが、日本の委任統治領であった関係から高齢者を中心に日本語を理解する者もいる。

宗教はほとんどがキリスト教プロテスタントである。

文化[編集]

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 New Years Day
3月1日 被害者追悼日 Nuclear Victims' Day キャッスル・ブラボー核実験で被曝した被害者を追悼する日
5月1日 憲法記念日 Constitution Day
7月第1金曜日 フィッシャーズ・デイ Fisherman's Day スポーツフィッシングのトーナメント大会開催
9月第1金曜日 労働者の日 Rijerbal Day (Worker's Day)
9月最終金曜日 Manit Day (Customs Day)
11月17日 大統領の日 President's Day
11月第3木曜日 感謝祭 Kamolol Day (Thanksgiving Day)
12月第1金曜日 ゴスペル・デイ Gospel Day
12月25日 クリスマス Christmas Day

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府

日本政府

その他