輸出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

輸出(ゆしゅつ:Export)とは、外国を販売する事である。対義語は輸入

概要[編集]

諸国が貿易に携わる際に、商品を売り外貨を得る取引が輸出である。

近代以前においては、香辛料や茶など、輸入国で入手困難な特産品・奢侈品の輸出が多かった。輸出の対価は、金や銀などの貨幣で支払われたが、それらの貨幣はその場で輸入国で産出する商品に換えられ、商品となって輸出国へ戻った。

近代以降は、特産品ではなく一般的な衣類などの商品が輸出の主役となった。それらの一般的な商品を低コストで生産できる国が輸出国として台頭した。(比較優位

現代においても、電子部品・農作物等の一般的な商品が大量に輸出されている。

日本では、資源を国外から輸入し、それを加工した完成品を海外へと輸出することが多い(加工貿易)。なかでも輸送機器自動車に関連する貿易は大きく、世界中へ輸出されている。

関連項目[編集]