取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

取引(とりひき)とは、契約合意などのもとに、金品や事柄をやり取りを行うこと。

商業における取引[編集]

当事者間の契約を元に売買や役務の提供に対し金品のやり取りを行うこと。なお、取引の相手方を取引先(とりひきさき)という。近年では、情報通信の発展に伴い電子商取引も行われるようになった。なお、貨幣経済以前の取引形態については物々交換も参照。

取引の例[編集]

会計における取引[編集]

会計における取引は通常の商取引とは異なり、簿記における資産負債資本費用収益に増減を生じるような事柄について取引という。たとえば、ある物品を売買するという契約をした場合、契約をしただけでは会計における取引には該当せず、実際にその物品が届いて(資産の増加)その代金を現金払い(資産の減少)または買掛金とする(負債の増加)段階で会計上の取引とする。また、台風水害などで建物商品に被害を受けた場合は、通常の商取引では取引には当たらないが、会計上は資産の減少となることから取引に該当する。

社会的な取引[編集]

互いに有利な条件を出し合いながら交渉し、合意すること。主なものとして司法取引などがある。

関連項目[編集]