ロバート・ルーカス (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ルーカス
ニュー古典派マクロ経済学
生誕 1937年9月15日(77歳)
ワシントン州ヤキマ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カーネギーメロン大学
シカゴ大学
研究分野 マクロ経済学(新しい古典派)
母校 シカゴ大学
影響を
受けた人物
アーノルド・ハーバーガー
H・グレッグ・ルイス
ミルトン・フリードマン
実績 合理的期待仮説
ルーカスの批判
貨幣の中立性
受賞 ノーベル経済学賞 (1995)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1995年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:合理的期待仮説の理論を発展、応用し、1970年代以降の財政・金融政策などマクロ経済理論に大きな影響を与えた事を称えて

ロバート・ルーカス(Robert Emerson "Bob" Lucas, Jr.、1937年9月15日 - )は、アメリカ合衆国経済学者シカゴ大学教授。
1995年にノーベル経済学賞を受賞した。2002年アメリカ経済学会会長。妻のナンシー・ストーキーも経済学者である。

略歴[編集]

研究・主張[編集]

人物[編集]

  • 1988年に離婚した前妻のリタ・ルーカスは、離婚の際に「ロバートが今後7年以内にノーベル賞を受賞した場合は賞金の半額を渡す」という条件をつけた。ちょうど7年後の1995年にロバートはノーベル経済学賞を受賞し、リタは賞金額の半分を手にした。
  • 彼は、歴史学から経済学に転じたのは、自分が、「擬似マルクス主義」者だったからだと述べている。ルーカスは、経済は歴史の真の原動力になると信じていて、経済学を極めた後で歴史学に戻ろうと計画している。

主要論文・文献[編集]

(日本語翻訳)

  • 『マクロ経済学のフロンティア』、清水啓典訳、東洋経済新報社、1988年

(原書)

  • Lucas, Robert (1972). "Expectations and the Neutrality of Money". Journal of Economic Theory 4: 103–124.
  • Lucas, Robert (1976). "Econometric Policy Evaluation: A Critique". Carnegie-Rochester Conference Series on Public Policy 1: 19–46.
  • Lucas, Robert (1988). "On the Mechanics of Economic Development". Journal of Monetary Economics 22: 3–42.
  • Lucas, Robert (1990). "Why Doesn't Capital Flow from Rich to Poor Countries". American Economic Review 80: 92–96.
  • Lucas, Robert (1981). Studies in Business-Cycle Theory. MIT Press. ISBN 0-262-62044-8.
  • Lucas, Robert (1995) - MONETARY NEUTRALITY Prize Lecture - 1995 Nobel Prize in economics , December 7, 1995
  • Stokey, Nancy; Robert Lucas; and Edward Prescott (1989), Recursive Methods in Economic Dynamics. Harvard University Press, ISBN 0674750969.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]