現物取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

現物取引(げんぶつとりひき)、スポット取引(-とりひき)とは、市場(しじょう)での実物の取引である。対義語として、先物取引がある。一般に、「現物」と省略されることが多い。先物取引で行われている、将来において商品の受け渡しを約した「先渡し契約」も、現在では現物取引に分類されている。

概要[編集]

現物取引は、各種市場で実物の取引を指すが、一般に株式市場での株式の取引、商品市場での商品の取引を指す。 普通のスーパーマーケットでの買い物は全て現物取引となる。

しかし、特に株式市場などでは先物取引などのデリバティブ取引、信用取引などと区別するため、普通の株式取引を「現物」とわざわざ言うことが多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]