古典派経済学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古典派経済学(こてんはけいざいがく、classical economics)とは、18世紀後半から19世紀前半におけるアダム・スミストマス・ロバート・マルサスデヴィッド・リカードジョン・スチュアート・ミルなどのイギリス経済学者に代表される経済学をいう。以下に見るように、マルクスも古典派経済学という用語を用いているが、現在では、1870年代以降に現れた新古典派経済学に対比して用いられることが多い。

名称[編集]

ジョン・メイナード・ケインズによれば古典派の用語を始めて用いたのはカール・マルクスであるという。マルクスは、資本論第1部資本の生産過程第1編商品と貨幣第1章商品第4節商品の呪物的性格とその秘密の註32において、klassischer politischer Ökonomieという表現を用いている。マルクスはこのklassischer politischer Ökonomieを、im Gegensatz zur Vulgärökonomie すなわち、俗流経済学と区別し、古典派経済学に属する経済学を、alle Ökonomie seit W. Petty すなわち、ウィリアム・ペティ以来の全ての経済学と理解している(verstehe ich unter)と述べている。

ケインズは、「古典派経済学」という用語にひとつの混乱をもたらした。『雇用・利子および貨幣の一般理論』において、新古典派とみなされるマーシャルやピグーを含めて、その理論を「古典派理論」と呼んだからである[1]。現在では、この用法は一般に使われないが、ときにケインズの意味で「古典派」「古典派理論」と呼ぶ人がるので注意を要する。ケインズは、古典派理論の本質はセイ法則を前提とするところにあり、『一般理論』はそれをくつがえすものであるとした[2]

マルクス自身は、通常、古典派経済学に含めないが、人によっては古典派に数えることもある[3]。マルクス自身自らを古典派経済学に所属していると資本論原文96頁注32で明言している。

経済学における古典派の位置[編集]

古典派経済学以前には(金銀の)国際収支論を展開したジェラルド・ド・マリネスエドワード・ミッセルデントーマス・マンなどに代表される重商主義の経済学が存在した。

古典派経済学の中心的経済学者は、アダム・スミス(1723-1790)とデヴィッド・リカード(1772-1823)であるが、トマス・ロバート・マルサスジョン・スチュアート・ミルをも考慮すべきである[4]

古典派経済学は、一般にリカードにおいて頂点に立ったと考えられている[5]シュンペーターは、リカードに比較的低い評価を与えているが、「明確な結果を出すと方法」という点において、リカードとケインズは「その精神において兄弟である」というほめ方をしている[6]

リカードの経済学は、リカードの死後、さまざまな批判にさらされた。1830年代には、リカードの厳格な支持者はいなくなったとまで言われている[7]ジョン・スチュアート・ミルは、リカードの忠実な継承者を自認したが、シュンペータ-は、実質的にはミルはリカードからかなり遠ざかっていると評価している[8]。マルクスも同様の評価を下している[9]

古典派経済学は、イギリス古典学派と呼ばれることもある。主としてイギリスにおいて展開された経済学であるからである。しかし、リカードとほぼ同時代にのフランスにはジャン=バティスト・セイジャン=シャルル=レオナール・シモンド・ド・シスモンディがいて、イギリス古典派とはやや系統のことなる経済学を展開していたことを忘れてはならない。また、重商主義の経済学者と古典派経済学者の間に、フランソワ・ケネージェームズ・ステュアートなどもいる。

1870年代前半に、従来の経済学の伝統を一新する動きが英仏独の3つの言語圏でほぼ同時的に発生した。イギリスのウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ、フランスからスイスに移ったレオン・ワルラス、オーストリアのカール・メンガーらが数学的手法を駆使して分析を行なう経済学を創始したからである。それぞれが限界概念を用いたことから、この動きを限界革命と呼ばれる。ワルラスの経済学はローザンヌ学派に、メンガーの経済学はオーストリア学派に引き継がれ発展したが、ジェヴォンズは、比較的若くして事故死したこともあり、ジェヴォンズとはやや考え方の異なるアルフレツド・マーシャルがイギリス新古典派の集大成者となり、ケンブリッジ学派が成立した[10]。アメリカで発展したジェヴォンスやエッジワースなどによるアメリカ経済学やクヌート・ヴィクセルのスウェーデン学派を含める場合も新古典派に含められる。なお、狭義にはケンブリッジ学派のみを新古典派とする場合もある。

古典派批判から新古典派経済学が生まれたと同じように、マルクス経済学も、この時代の古典派経済学への批判から生まれた[11]ケインズ経済学は古典派・新古典派に共通する考えを刷新するものと考えられている。

古典派の経済思想[編集]

この古典派経済学の時代、つまり1770年後半から1870年代前半の限界革命以前の古典派経済学がその分析の基礎においているのは「労働価値説」という考え方である[12][11]。労働価値説には支配労働価値説(ある商品の価値が、それを支配する他の商品の量によって決定されると言う説)と投下労働価値説(ある商品の価値が、その商品の生産に投入された労働量によって決まると言う説)という2種類のものがある[11]が、より基本的な考え方として価値を生み出すのは人間の労働であるという思想があった。この考え方は古典派経済学者のリカードやマルサスに至るまで古典派の考え方の基礎であり続けた。また、古典派経済学は経済社会を「資本階級」「労働者階級」「地主階級」の3つの階級に分けて、これを中心に分析をしている[4]

この背景としては、当時の時代が急激に変化した時代だったということが指摘されるだろう。19世紀から20世紀には大工場を所有する産業資本家が労働者を雇い、利潤の目的を目指して労働者が商品を生産するという資本主義という経済体制が封建社会から産声を上げた時代であった。18世紀半ばから19世紀にかけて起こった産業革命が社会に広範な影響を与えはじめた時代の変化は、非常に急激なものであり、その時代にあった経済学が求められた。このような時代のさなかに始まったのがアダム・スミスに始まる古典派経済学である。1776年に国富論において「見えざる手」という概念が古典派経済学者のアダム・スミスによって考えだされた。すなわち、個人が自由な市場において、個々の利益を最大化するように利己的に経済活動を行えば、まるで見えざる手がバランスを取るかのように、最終的には全体として最適な資源の配分が達成されるというものである(ただし、前提として市場が完全競争市場である必要がある)。この「見えざる手」は、現在では「価格メカニズム」と呼ばれる。見えざる手は、日本では「神の見えざる手」と紹介されることもある。しかし、アダム・スミス自身は「Invisible hand(見えざる手)」という言葉を使っており、国富論の原文には「神の(of God)」という部分はない。

アダム・スミスは、国家の富とは「生活の必需品と便益品」つまり消費財であると考えた[13]。またこの消費財は労働によって作られるのだと考えた。また、その富とは、蓄積された財(ストック)ではなく、年々消費される「フロー」であると位置付けた[13]。また、重農主義者であるフランソワ・ケネーの自由放任(レッセ・フェール)の考え方は、アダム・スミスに影響を与えた。スミスはこの富は農地や資本設備に投下された労働によって生み出されると考えた。これは労働価値説、あるいは投下労働価値説というものである。また、スミスは、商品の価値はその商品で購買あるいは交換できる他の商品の労働量に等しいという支配労働価値という考え方も紹介している。そして、国富は労働者、地主、資本家の間で、賃金、地代、利潤という形でそれぞれに分配されると考えられ、ここから、「価値というものが賃金、地代、利潤の3つに分解できる」という考え方に発展した[14]。これがスミスの「自然価格」というものである。価格というものは市場によって常に変動するものであるが、自然な状態にあるときの価格を持って中心価格とする考え方である。また、賃金の自然率・地代の自然率・利潤の自然率の3つによって構成されるのが自然価格(natural price)だというのが、自然価格の基本的な考え方である。

古典派経済学は、イギリスの産業革命の勃興期を前提として成立したが、その後問題となった10年周期の恐慌やフランスの大規模な失業労働者に対する有効な処方箋を作成することができなかった。

見えざる手の働き[編集]

古典派経済学の現代的展開[編集]

リカードの理論は、新古典派の創始者の一人ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズによっても厳しく批判された[15]。これに対し、アルフレッド・マーシャルはリカード・ミルの体系に対しより融和的な立場を維持したが、古典派経済学はマーシャル経済学によって乗り越えられたと一般に評価されている。

これに対し、20世紀に入り、ピエロ・スラッファが出た。スラッファは、マーシャル経済学の基礎に疑問を出すとともに[16]、『リカード全集』[17]の編集を進めてリカード再評価の機運を作り、『商品による商品の生産』においてリカードを20世紀に復活させる契機をもたらした。

スラッファの『商品による商品の生産』(原著1960年)は、限界原理に基づく新古典派の経済学とは異なる価格理論が可能であることを示し、後にスラッフィアンとか、ネオ・リカーディアンと呼ばれる潮流を作りだした。日本では現代古典派と自称する場合もある。スラツフィアンの代表的存在は、イアン・スティードマンである。スティードマンは、マルクス経済学の価値論を批判するとともに[18]、HOS型貿易理論の批判を展開した[19]

スティードマン以外にも、スラッファに示唆を受けた一群の経済学者がおり、ポスト・ケインジアンの3大潮流の一つを形成している。ルイジ・パシネッティビエランジェロ・ガレニャーニ、ハインツ・クルツ(Heiz Kurz)、スタンレー・メトカーフ(Stanley Metcalfe)、ネリ・サルバドーリ(Neri Salvadori)などがいる。

日本では、菱山泉が早くからスラッファを紹介した。菱山にとって、スラッファはむしろフランソワ・ケネーの経済学を発展させるものであった[20]塩沢由典は、スラッファの価格理論に、オクスフォード経済調査(1930年代後半)のフルコスト原理を接続することにより、古典派価値論を21世紀の理論として展開することを提唱している[21]。塩沢は、またリカード貿易理論を発展させることにより、新しい国際価値論が構成できたと主張している[22]。国際価値論の不在は、古典派価値論の弱点のひとつであった。塩沢の達成は古典派価値論が新古典派価値論に対抗しうる理論として再生したことを意味する。

主要な理論家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ケインズ『一般理論』第1章注(1)。全集版p.3。
  2. ^ 『マクロ経済学I 「古典派経済学」の意味』神谷傳造(平成11年4月15日) [1]
  3. ^ ホランダー『古典派経済学』(多賀書店、1991年)はスミス、リカードウ、J.S.ミルとともにマルクスを古典派の主要人物としている。
  4. ^ a b 白銀久紀「古典派経済学の特質(講義資料)」大阪市立大学データベース, pp.12
  5. ^ 真実一男「リカード」『経済学辞典 第2版』岩波書店、1979
  6. ^ シュンペーター『経済分析の歴史』第4章第2節脚注3、History of Economic anaysis, Taylor & Francis e-Library, 2006, p.448.
  7. ^ シュンペーター『経済分析の歴史』第3部第4章第2節、History of Economic anaysis, Taylor & Francis e-Library, 2006, p.453。
  8. ^ シュンペーター『経済分析の歴史』第3部第4章第2節、History of Economic anaysis, Taylor & Francis e-Library, 2006, p.453。
  9. ^ マルクス『剰余価値学説史』。
  10. ^ ブラック他編『経済学と限界革命』日本経済新聞社、1975。
  11. ^ a b c 経済学原論 授業資料 島根大学
  12. ^ 白銀久紀「古典派経済学の特質(講義資料)」大阪市立大学データベース, pp.14
  13. ^ a b 新村聡(2009)「アダム・スミスにおける貧困と福祉の思想」岡山大学, pp.2
  14. ^ 白銀久紀「古典派経済学の特質(講義資料)」大阪市立大学データベース, pp.15
  15. ^ T.H.ハチソン「「限界革命」ならびにイギリス古典派経済学の衰退と崩壊」ブラック他編『経済学と限界革命』日本経済新聞社、1975年、pp.139-155。
  16. ^ スラッファ「収益法則について」スラッファ『経済学における古典と近代』
  17. ^ スラッファ編『デイヴィド・リカードウ全集』第1巻~第10巻、第11巻総索引、雄松堂書店、1970~2000年
  18. ^ I. Steedman, Marx after Sraffa, 1986.
  19. ^ I. Steedman, Fundamental Issues in trade Theory, 1979.
  20. ^ 菱山泉『スラッファ経済学の現代的評価』京都大学学術出版会、1993年。
  21. ^ 塩沢・有賀『経済学を再建する』中央大学出版部、2014年、第3章・第4章。
  22. ^ 塩沢由典『リカード貿易問題の最終解決』岩波書店、2014年。

関連項目[編集]