経済学批判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

経済学批判』(けいざいがくひはんKritik der Politischen Ökonomie1859年)はカール・マルクスの6編プランから成る経済学批判体系の第1分冊に相当する著作である。フェルディナント・ラッサールの協力により、ドゥンカー書店から1859年に出版された。「序言」「第1章 商品」「第2章 貨幣または単純流通」から成る。

経済学が用いている経済カテゴリーを批判することをつうじて、資本主義経済のシステムを批判することを目的としている。

この本の「序言」によると、資本主義経済のシステムを資本・土地所有・賃労働・国家・外国貿易・世界市場の順序で考察することになっていた。そのうち公刊されたのは、第1部「資本について」のうちの最初の2章、商品と商品流通(から生じる貨幣の諸機能)についてだけである。続きは上の計画をもとに分冊形式で出す予定だったが、1867年に『資本論』(副題に「経済学批判」)の形で出ることになった。『資本論』では最初の章に『経済学批判』の内容が要約され、また叙述が改善されているとマルクスは言っている。

「序言」では唯物史観の簡単な定式が述べられている。

邦訳では補録として、『経済学批判要綱』から転載された「経済学批判への序説」が収められている。

なお『経済学批判』の序言“Vorwort”と、『経済学批判要綱』の序説“Einleitung”は別物である。

日本語訳[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]