デヴィッド・リカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・リカード
古典派経済学
デヴィッド・リカード
生誕 1772年4月19日
死没 1823年9月11日(満51歳没)
実績 比較生産費説を主張し、労働価値説の立場に立つ。自由貿易を擁護
テンプレートを表示

デヴィッド・リカード: David Ricardo1772年4月19日 - 1823年9月11日)は自由貿易を擁護する理論を唱えたイギリス経済学者。各国が比較優位に立つ産品を重点的に輸出する事で経済厚生は高まる、とする「比較生産費説」を主張した。労働価値説の立場に立った。経済学をモデル化するアプローチを初めてとったことで体系化することに貢献し、古典派経済学の経済学者の中で最も影響力のあった一人であり、経済学のなかではアダム・スミスと並んで評される。彼は実業家としても成功し、多くの財を築いた。

生涯[編集]

リカードは17人兄弟の3番目としてロンドンで生まれた。彼の家はスペイン系およびポルトガル系のユダヤ人で、彼が生まれるほんの少し前に、オランダから英国へ移住して来た。14歳のとき、リカードはロンドン証券取引所で父親エイブラハム・リカードの仕事に加わった。21歳のとき、リカードは家族の正統派ユダヤ教の信仰を拒絶し、クエーカー教徒のプリシラ・アン・ウィルキンソンと駆け落ちする。これによって父親から勘当されることになり、自ら株式仲買人として独立することになった。その後リカードはユニテリアン派の教徒となっている。

リカードの証券取引所での成功は彼を裕福にし、早くも42歳となった1814年に仕事を引退。グロスター州ギャトコム・パーク英語版に邸宅を購入し、生涯の住処とした。1819年にはアイルランドの都市選挙区であるポーターリングトンから庶民院(下院)に出馬、当選して代議士として自由貿易を主張し、また、穀物法の廃止を主張した。1821年にはトーマス・トゥックジェームズ・ミルトマス・ロバート・マルサスジェレミ・ベンサムなど著名な経済学者とともに、政治経済クラブ英語版の設立に尽力した。

1823年、耳の伝染病のため51歳で急逝、遺産として7500万ポンド(約150億円)を残した[1]

リカードは、ジェームズ・ミルの親友であり、ミルは彼に政治への大志や経済学の著述を勧めた。他の著名な友人の中にマルサスやベンサムがいる。死の10日前、論敵でもあったマルサスに対して手紙で「議論が私たちの友情を決して傷つけなかった。君が私の説に賛成してくれたとしても、そのことで今以上にあなたを好きになることはありません」と記している[2]

思想[編集]

リカードは、1799年に出版されたアダム・スミスの『国富論』を読み、経済学に興味を持つようになった。その少し前の1797年イングランド銀行金本位制を停止し不換紙幣の増発からインフレーションを招来することになったが、これについて1810年にリカードは『地金の価格高騰について--紙幣暴落の証明』[3]という小論を発表、貨幣数量説に立って金本位制への復帰を主張した。

リカードは、『経済学および課税の原理』の第7章で比較優位理論による自由貿易の利益を論証した[4]。また、リカードは『経済学および課税の原理』の第3版の第31章「機械について」で、固定資本(機械)が導入されることによって労働者が失業する可能性はあるかという問題を取り上げた[4]。リカードウは、『経済学および課税の原理』の第2版まで、機械の導入による失業の可能性はなく、機械の導入は労働者にとって利益になると考えていたが、1821年に刊行した『経済学および課税の原理』の第3版では、短期的には失業の可能性を認めている[4]

リカードで特に有名なのが、穀物法をめぐるマルサスとの論争から生まれた自由貿易の主張と地代論であり、自由貿易よる利潤蓄積の増大→国富の増進と労働価値説に拠った収穫逓減による結果としての地代の形成を『経済学および課税の原理』で主張した。ただ、論争する点が多かったマルサスの主張についても、彼が『人口論』で言及した人口に対する見解については同意し、『経済学および課税の原理』の議論で前提としている。

リカードに関連した他の思想[編集]

著作[編集]

  • The High Price of Bullion, a Proof of the Depreciation of Bank Notes』 (1810年)、金属通貨の採用を提唱した。
  • Essay on the Influence of a Low Price of Corn on the Profits of Stock』 (1815年)、穀物法の廃止が、社会の生産的構成員に、より多くの富を分配するだろうと主張した。
    • 農業保護政策批判 地代論 大川一司訳 岩波文庫、1948年
    • 農業経済論集 服部一馬訳 春秋社 1950
  • Principles of Political Economy and Taxation』 (1817年、『経済学および課税の原理』)、地代が人口増加につれて成長すると結論付けた分析。また、ある国がすべての財の生産においてその貿易相手国ほど効率的でなかったとしても、すべての国が自由貿易から利益を得ることができる、ということを示す「比較生産費説」を明確に展開した。
  • マルサスへの手紙 中野正訳 岩波文庫、1949年
  • リカアドオのマカロックへの手紙 中野正訳 岩波文庫、1949年
  • リカアドオのトラワアへの手紙 ジェイムズ・ボナア、ジェイコブ・H.ホランダア編 中野正訳 岩波文庫、1955年
  • デイヴィド・リカードウ全集 全11巻 雄松堂書店 1971-1999年
第1巻 経済学および課税の原理 堀経夫
第2巻 マルサス経済学原理評注 鈴木鴻一郎

脚注[編集]

  1. ^ 中矢俊博 『やさしい経済学史』 日本経済評論社、2012年、30頁。
  2. ^ 日本経済新聞社編 『経済学をつくった巨人たち-先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、52頁。
  3. ^ : The High Price of Bullion, a Proof of the Depreciation of Bank Notes
  4. ^ a b c 経済学史の窓から 第8回 リカードウは技術的失業の予言者か?書斎の窓
  5. ^ 日本経済新聞社編著 『経済学をつくった巨人たち―先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、51頁。

外部リンク[編集]