アイランドホッピング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイランドホッピングIsland Hopping)とは、島と島とをつなぐ短い旅を繰り返しながら大洋を渡る事を指す。大洋を直接横断する旅とは異なる。アイランドホッピングは以下のような様々な意味がある。

学問上[編集]

  • 生物学においては、アイランドホッピングとは島伝いに動物や植物の種が伝播してゆく方法のことである。
  • 人類学では、ポリネシア人が太平洋の島々に進出して行った事をアイランドホッピングという。

歴史上[編集]

飛び石作戦により日本が太平洋上の拠点を失っていく様子(1943年から1945年)
  • 第二次世界大戦の太平洋戦線において、アメリカ軍がとった戦略がアイランドホッピング、またはリープフロッギング(蛙飛び)と呼ばれ、日本では飛び石作戦と呼ばれることが多い。これはラバウルなどの要塞化され侵攻が困難な日本軍の拠点を避けながら、比較的日本軍の戦力が薄く、かつ日本本土に迫るには重要な位置にある島(サイパン島など)に連合軍の戦力を集中させて攻め落としてゆくというものである。これを可能にしたものはアメリカ海軍の潜水艦部隊であり、アメリカ軍の圧倒的な航空戦力であった。また日本軍が対艦決戦主義を取り、この戦略に不可欠な補給物資や部隊移動を搭載した輸送船への攻撃に積極的ではなかったこともアメリカ軍の戦略遂行を助ける形となった。これに対してアメリカ軍の潜水艦部隊や航空戦力は、比較的航空機の援護が薄かった日本軍の輸送船を撃沈して補給物資や部隊移動の遮断を行い、日本軍が多数駐留し拠点にしている島を孤立させ、無視できる存在にした。こうしてアメリカ軍は日本本土を爆撃できる航続距離にある島々まで到達したが、孤立し無視されたものの、戦力を維持し続けていたラバウル島などの複数の島は戦場とならず、その日本軍部隊の中には終戦後もジャングルに篭り抵抗する者もいた。この一連の戦いの中でその後のアメリカ海兵隊が作り上げられていった。

旅行[編集]

フィリピンインドネシアなどの群島国家・太平洋の島々・沖縄などを、航空機や船などでつなぎながら旅することをアイランドホッピングと呼ぶ。

航空[編集]

航空の世界では、島を次々と経由する航空路線のことを指す。かつて大洋をわたる航続距離のない飛行機がアイランドホッピングを使って大陸間飛行を行った。大西洋では、ヨーロッパアメリカ合衆国間の旅客機は、カナリア諸島-カリブ海を経由していた。中には西アフリカ-アセンション島-ブラジルというルートや、アイスランドグリーンランドニューファンドランド島というルートで横断することもあった。

日本でも、かつて日本航空が、DC-6による東京国際空港ウェーク島-ホノルル-サンフランシスコ路線を就航していた。

ユナイテッド航空のアイランドホッピング便[編集]

現在も太平洋では多くのアイランドホッピングによる航空路がある。日本では、通常ユナイテッド航空(かつてのコンチネンタル・ミクロネシア)が運航する、グアムホノルルを結ぶ航空路線を指す。「アイランドホッパー」とも呼ばれる。アメリカ合衆国自治領であるグアムから同じアメリカ合衆国のホノルルを結ぶ路線でありながら、間にミクロネシア連邦マーシャル諸島という二つの国を経由する国際路線という珍しい航空路線である。

路線[編集]

グアムチューク(トラック)- ポンペイ(ポナペ) - コスラエ(クサイ) - クワジャリンマジュロホノルル

特徴[編集]

関連項目[編集]