クリッパートン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリッパートン島の位置
ココヤシの木が生えている。
クリッパートン島

クリッパートン島(クリッパートンとう、フランス語、Île Clipperton、英語:Clipperton Island)は、太平洋メキシコ沖に浮かぶフランスの属領の絶海の孤島無人島である。 

概要[編集]

歴史[編集]

最初の上陸記録は1521年1705年海賊ジョン・クリッパートンが上陸し現在の名前になった。1836年スペイン海軍が同島を発見したが、特に実効支配を行わなかったため、1858年にフランスがハワイ政府に対し領有を宣言したことによりフランス領となり現在に至っている。

しかし、スペインより独立したメキシコが領有権を主張したため帰属問題は裁判となり、1931年の判決で正式にフランス領と認定された。これをクリッパートン島事件といい、「主権の表示をのこさず離島しても、布告・通告・公布・新聞による公表で領有は成立する」という国際法の慣例の一つとして現在でも知られている。

かつてはフランス領ポリネシアの一部であったが、2007年2月22日からフランス政府の直接統治下に入った。統治権はフランス海外領土省英語版長が有している[1]

一時期には軍事目的や太平洋を横断する飛行機の中継点として使われたが、2013年現在は定住する人間もいない無人島である。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Ben Cahoon. “French Minor Dependencies”. Worldstatesmen.org. 2013年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]