サルト県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏 > サルト県

サルト県
Sarthe
Sartheの紋章
サルト県の紋章
位置
Sartheの位置
概要
県番号 72
地域圏 ペイ・ド・ラ・ロワール
県庁所在地 ル・マン
郡庁所在地 ラ・フレーシュ
マメール
3
小郡 40
コミューン 375
統計
人口
国内位
  (2011年)
565,518人
人口密度 91人/km2
面積¹ 6,206 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

サルト県: Sartheフランス語発音: [saʁt])は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏にある県。県名はサルト川に由来する。

歴史[編集]

1789年12月22日の法令によって2つの県に分割された旧メーヌ州の西部をもとにして、フランス革命期の1790年3月4日に設立された。同州の東部はマイエンヌ県となった[1]

ル・マンのあるメーヌ地方には、いまなお多くのローマ時代の遺跡が残っている。多くの観光客が訪れる温泉とオビーニュ=ラキャンの劇場は、いずれもアンジュー、メーヌ、トゥーレーヌの辺境に位置する。

16世紀初頭のおそらく最も重要な科学者であるマラン・メルセンヌは、サルト県の辺りで生まれた。

地理[編集]

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の北端に位置し、バス=ノルマンディー地域圏の南、アルモリカ山塊の南縁にあたる。オルヌ県ウール=エ=ロワール県ロワール=エ=シェール県アンドル=エ=ロワール県メーヌ=エ=ロワール県マイエンヌ県と隣接する。

県の人口の過半数にあたる約30万人が、ル・マンとその周辺の都市部に居住している。そのほかの地域は、農業を基盤とする田園地帯である。

経済は1854年の鉄道の開通と1989年のTGVの開業によって、ル・マン地域を中心に発展してきた。道路ではオートルート A11が1978年にパリからル・マンまで開通し、サルト県はフランス西部への玄関口という性格を持つこととなった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]