カルヴァドス県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルヴァドス県
Calvados
Calvadosの紋章
カルヴァドス県の紋章
位置
Calvadosの位置
概要
県番号 14
地域圏 バス=ノルマンディー
県庁所在地 カーン
郡庁所在地 バイユー
リズィユー
ヴィール
4
小郡 49
コミューン 705
知事 ジャン=レオンス・デュポン
新中道
統計
人口
国内31位
  (2011年)
685,262人
人口密度 124人/km2
面積¹ 5,548 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

カルヴァドス県 (Calvados) は、フランス北西部、バス=ノルマンディー地域圏の県である。

地理[編集]

セーヌ=マリティーム県ウール県オルヌ県マンシュ県と接している。

カルヴァドスの気候は、15km沖合いでも違ってくるように、場所によって非常に異なる。たとえば、カーンは潮の影響が強い。オルヌ県中心部に近づくと気候はさらに穏やかになる。潮の満ち干きとともに雲がやってくる。一方でカルヴァドスとオルヌの境では気候は少し荒くなり、冬は寒く、夏は暑い。

歴史[編集]

アロマンシュの港。上陸作戦で使われた桟橋の残骸が残る

フランス革命中の1790年3月4日、旧ノルマンディー州の一部から分離し新設された。現在の県名が付けられる前に、オルヌ=アンフェリウール県(Orne-Inférieure)の名が想定されている時期があった。

伝説では、アロマンシュ=レ=バン沖合いの大きな岩のため、スペインの無敵艦隊が沈んだことから、岩にサルヴァドール(Salvador)の名前がついているといわれていた。サルヴァドールが言語的変形のうえでカルヴァドスになったという。しかしながら、カルヴァドスはcalva dorsa(沖合いにある岩の植生はまばらであることから、裸の背中を意味する)から派生した可能性が高い[1]

1815年6月にワーテルローの戦い第七次対仏大同盟軍が勝利すると、1818年11月までプロイセン軍が県を占領していた。

1944年6月6日の明け方、アメリカ、イギリス、カナダの各国軍が県西岸に上陸しオーバーロード作戦を開始した。

人口統計[編集]

人口の増減
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
451 836 494 702 496 198 491 210 478 397 480 992 474 909
1872年 1876年 1881年 1886年 1891年 1896年 1901年
454 012 450 220 439 830 437 267 428 945 417 176 410 178
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
403 431 396 318 384 730 390 492 401 356 404 901 400 026
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
442 991 480 757 519 695 560 967 589 559 618 478 648 385
2006年 2010年
671 342 699 591

参照元:SPLAF[2]、2006年以降INSEE[3]2007年以降INSEE[4]

主なコミューン[編集]

カルヴァドス県には706のコミューンがあり、2007年当時そのうち人口2000人を越えるのは43である。10万人を越える人口を持つのはカーンである。

コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
カーン 109,629[B 1] 減少  -3,8 % ウイストラム 9,248[B 2] 増加  6,6 %
リジュー 22,699[B 3] 減少  -2 % ファレーズ 8,456[B 4] ==  0,3 %
エルヴィル=サン=クレール 22,589[B 5] 減少  -5,8 % オンフルール 8,163[B 6] ==  -0,1 %
バイユー 13,910[B 7] 減少  -7 % ディヴ=シュル=メール 5,889[B 8] ==  1,3 %
ヴィール 12,384[B 9] 減少  -3,2 % コロンベル 5,771[B 10] 減少  -7,4 %
イフ 10,738[B 11] 増加  16,6 % コンデ=シュル=ノワロー 5,621[B 12] 減少  -3,4 %
モンデヴィル 10,123[B 13] 減少  -2,9 % ブランヴィル=シュロルヌ 5,541[B 14] 増加  26,3 %
Source : Insee[5]

経済[編集]

カルヴァドスは、カマンベールチーズポン・レヴェックリヴァロといったコミューンの名を冠したチーズを生産するペイ・ドージュ地方があることで知られている。有名なノルマンディーの緑の牧草地は、常に主要な酪農と乳製品産業の成長を助けている。

県はまた、県のロゴを彩っているリンゴの生産で知られる。シードルカルヴァドス、ポモー酒の生産は経済的・文化遺産に追加されている。

加えて、カーンの平野部は穀倉地帯である。

県は現在、ルノートラックPSA・プジョーシトロエンの工場があり、重要な自動車の中心となっている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lepelley, René (1990). Calvados, qui es-tu, d'où viens-tu ou le nom énigmatique d'un département Français  : Critique d'une tradition, hypothèses diverses, proposition d'interprétation. C. Corlet. 
  2. ^ http://splaf.free.fr/ "splaf"
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur Insee
  4. ^ Évolution et structure de la population du département (de 1968 à 2007) sur Insee consulté le= 5 septembre 2010
  5. ^ Résultats du recensement de la population - 2007 - Bases de chiffres clés (évolution et structure de la population) sur INSEE consulté le= 5 septembre 2010
  • INSEEで掲載されている2007年1月1日時点での人口
  1. ^ Caen
  2. ^ Ouistreham
  3. ^ Lisieux
  4. ^ Falaise
  5. ^ Hérouville-Saint-Clair
  6. ^ Honfleur
  7. ^ Bayeux
  8. ^ Dives-sur-Mer
  9. ^ Vire
  10. ^ Colombelles
  11. ^ Ifs
  12. ^ Condé-sur-Noireau
  13. ^ Mondeville
  14. ^ Blainville-sur-Orne

外部リンク[編集]