カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーン
Blason ville fr Caen (Calvados).svg
Abbaye-aux-hommes.jpg
Abbaye aux Hommes
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) バス=ノルマンディー地域圏
(地域圏首府)
(département) カルヴァドス県
(県庁所在地)
(arrondissement) カーン郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton) 9小郡庁所在地
INSEEコード 14118
郵便番号 14000, 14300
市長任期 フィリップ・デュロン
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'Agglomération de Caen la Mer
人口動態
人口 114 007 (agglomération 220.000) (aire urbaine 400.000)人
1999年
人口密度 4435人/km²
地理
座標 北緯49度10分59秒 西経0度22分10秒 / 北緯49.18305556度 西経0.369444444度 / 49.18305556; -0.369444444座標: 北緯49度10分59秒 西経0度22分10秒 / 北緯49.18305556度 西経0.369444444度 / 49.18305556; -0.369444444
標高 平均:8 m
最低:2 m
最高:73 m
面積 25,70km² (2 570ha)
カーンの位置
カーン
テンプレートを表示

カーンCaen 発音例)はフランスの北西部に位置する都市で、バス=ノルマンディー地域圏首府であり、カルヴァドス県県庁所在地である。カンとも表記される。

概要[編集]

フランスを代表する城下町の一つ。1999年現在の人口は約11万4千人、面積は26km²。近隣コミューンと併せた人口は約20万人、カーン都市圏は37万人の人口を有する。

第二次世界大戦の終盤、ノルマンディー上陸作戦ののち、カーンは激戦地となり、街は聖堂と病院を残し灰燼と帰した。カナダ軍とイギリス軍がカーンを確保したのは1944年7月9日である。街の再建には14年間 (1948-1962)が費やされた。

歴史的遺産[編集]

カーン城

カーンは中世からの歴史を持ち、ノルマン公・征服王ウィリアム1世の建てた城、修道院、教会などの歴史的建造物で知られる。1060年頃に建てられたカーン城は、西ヨーロッパでも最大級の中世城砦である。またウィリアム1世はいとこフランドルのマティルダとの結婚を改悛するため、街にふたつの修道院を建設させた。1063年に完成された男子修道院は聖エティエンヌ(ステファノ)に、1060年に完成された女子修道院は聖ジルに献堂された。両修道院は後に廃止され、建物は現在はそれぞれ、市庁舎と地域圏議会議事堂として使用されている。

また第2次世界大戦の犠牲者への記念として、平和記念碑 (Mémorial pour la Paix) が建てられている。

教育[編集]

カーン大学は1432年イングランド王ヘンリー6世により創立された。1438年にはすでに5つの学部を備えていた大学の設立は、1452年にはフランス王シャルル7世によっても正式に追認された。1944年に空襲により破壊されたのち、1948年より再建が開始され、1957年に新大学が落成された。

交通[編集]

 都市交通はバスとゴムタイヤトラム(2002年に導入、TVR方式)が主力。

出身有名人[編集]

姉妹都市[編集]

関連事項[編集]

  • SMカーン - カーンを本拠地とするサッカークラブ。

外部リンク[編集]