カルヴァドス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルヴァドス

カルヴァドス (Calvados) とは、フランスノルマンディー地方で造られる、リンゴを原料とする蒸留酒である。なお、この地域以外で作られる同様の蒸留酒がカルヴァドスを名乗ることはできず、アップル・ブランデーと呼ばれ、区別される。

原料としてリンゴの他に、10 - 30% 程度のセイヨウナシを使用する事が多い。

産地[編集]

カルヴァドスは、AOC(原産地呼称規制)の対象である。「カルヴァドスAC」 (Appellation Calvados contrôlée) 地区は、カルヴァドスマンシュ (Manche) 、オルヌ (Orne) の各県の全域に加えて、ウール (Eure) 、マイエンヌ (Mayenne) 、サルト (Sarthe) とウール・エ・ロワール (Eure-et-Loire) の一部を含む。より限定された「カルヴァドス・ペイ・ドージュAC」 (Appellation Calvados Pays d'Auge contrôlée) の地区は、カルヴァドス県の東端と、その幾つかの隣接地域に限られる。

製法[編集]

シードルアップル(リンゴの醸造酒)にはスイート、ビター、ビタースイート、サワーと4つの種類があるが、バランスの良いカルヴァドスを造るためのブレンドには熟練の技と知識が必要とされる。天然製法で発酵を行い、良く乾燥させたオーク材で作られた樽で最低5年間熟成ののち、2回の蒸留を行い造られている[1]

その他[編集]

  • ポム・プリゾニエール - カルヴァドスに林檎1個を丸のまま漬け込まれたものが販売されている。たいていは瓶の口よりも大きな林檎で、春先から小さい林檎に瓶をかぶせて成長させることで作り出す。このようなカルヴァドスを「ポム・プリゾニエール (La Pomme Prisonnière) 」(閉じ込められた林檎)と呼ぶ。
  • ガトー・ノルマン - ノルマンディー地方特産のリンゴをカルヴァドス風味にしてから、生地に混ぜて焼く菓子。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.dover.co.jp/discovery/?vol=23 ドーバー洋酒貿易内記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]