アメリカン・ウイスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・ウイスキーの一種、バーボン・ウイスキーの瓶(19世紀製造)

アメリカン・ウイスキー: American whiskey)とは、アメリカ合衆国で生産されるウイスキー。世界5大ウイスキーの一つ[† 1]。味わいは他の地域で生産されるウイスキーよりも軽い[1]

原料・製法と種類[編集]

アメリカン・ウイスキーは法律により、以下のように規定されている[2]

穀物を原料にエタノ-ル濃度(アルコール度数)95%未満で蒸留した後、オーク樽で熟成させたもの(ただしコーン・ウイスキーについては熟成は不要)、およびそれにスピリッツをブレンドしたもので、エタノ-ル濃度40%以上で瓶詰めしたもの。

エタノ-ル濃度については、熟成前の樽詰めの段階で62.5%以下でなければならないとも法定されている[3]

アメリカでは多様な穀物が収穫されることから、ウイスキーの原料として用いられる穀物も様々である。アメリカン・ウイスキーは、法律によって定められた主要な原料および製法の違いによって、以下の種類に分類される[4]

名称 原料 製法
バーボン・ウイスキー トウモロコシが51%以上を占める 内側を焦がした新しい樽で熟成
コーン・ウイスキー トウモロコシが80%以上を占める 古い樽、または内側を焦がしていない樽で熟成
モルト・ウイスキー 大麦が51%以上を占める(100%を占めるとシングルモルト・ウイスキー 内側を焦がした新しい樽で熟成
ライ・ウイスキー ライ麦が51%以上を占める(100%を占めるとシングルライモルト・ウイスキー 内側を焦がした新しい樽で熟成
ホイート・ウイスキー 小麦が51%以上を占める 内側を焦がした新しい樽で熟成

なお、それぞれ熟成期間が2年間を超えるとストレート・バーボン・ウイスキーストレート・コーン・ウイスキーストレート・モルト・ウイスキーストレート・ライ・ウイスキーストレート・ホイート・ウイスキーとなる[3]。ストレ-ト・ウイスキーは、アメリカン・ウイスキーの生産量のおよそ半分を占める[2]。ストレート・ウイスキーに他のウイスキーまたはスピリッツを混ぜたものを、ブレンデッド・ウイスキーという。この場合、ストレート・ウイスキーが20%以上を占めていなければならない[3]。また、ブレンデッド・ウイスキーのうち、ストレート・バーボン・ウイスキーを50%以上含むものをブレンデッド・バーボンという[5]

バーボン・ウイスキーのうち、テネシー州で製造され、樽で熟成する前にテネシー州産サトウカエデの木炭を用いて濾過したものをテネシー・ウイスキーという[6]

歴史[編集]

テネシー・ウイスキーの地位確立に貢献したジャック・ダニエル

北アメリカにおける蒸留酒の製造技術は、ヨーロッパからもたらされた。植民がはじまった当初はオランダ人ジンを、フランス人がブランデーを製造するなどしていた[7]。その後、西インド諸島産の糖蜜からラム酒が製造されるようになり、続いてライ麦やトウモロコシが用いられるようになった[8]。ウイスキーの蒸留を始めたのは、東海岸に植民したスコッチ・アイリッシュと呼ばれるスコットランド人およびアイルランド人である[7]

アメリカ合衆国の独立後、政府がウイスキーに対し重税を課すことを決定すると、蒸留業者の多くは税金から逃れるために東部から内陸部のケンタッキー州やテネシー州へ移動した。内陸部の気候はトウモロコシの栽培に適していたためこれを原料とする蒸留酒が製造されるようになり、バーボン・ウイスキーの製法が確立されていった[9]。これについては、ジョージタウンの牧師エライジャ・クレイグの製法を、蒸留業者が模倣したといわれている[10]。アメリカン・ウイスキーの多くで採用されている、内側を焦がした樽を用いた熟成法も、エライジャ・クレイグが1785年に考案したといわれている[11]南北戦争後には連続式蒸留機と呼ばれる大量の蒸留を可能とする装置が普及し、生産量が増大した[9]

税法上はバーボン・ウイスキーの範疇に入るテネシー・ウイスキーは、1904年ジャック・ダニエル製造のウイスキーがセントルイスで催された博覧会で金賞を受賞したことをきっかけとして広く認知されるようになった[12]。ジャック・ダニエルは、1866年に政府公認第1号の蒸留所(ジャック・ダニエル蒸留所)をテネシー州ムーア郡リンチバーグに創業したことでも知られる[13]

1920年連邦禁酒法が施行され酒類の製造・販売が禁止されると、ウイスキー蒸留所の閉鎖が相次いだ。1933年に同法が撤廃されると復興が始まったが、州によっては州法としての禁酒法が残り、復興が遅れたケースもある(一例としてテネシー州では1938年まで禁酒法が存続した)。第二次世界大戦の勃発も逆風となり、復興が軌道に乗ったのは1950年代に入ってからである[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 世界5大ウイスキーとはアメリカン・ウイスキーの他にスコッチ・ウイスキーアイリッシュ・ウイスキーカナディアン・ウイスキージャパニーズ・ウイスキーをいう(古賀2009、32-34頁、土屋2008/3、84-85頁、橋口2008、26-27頁。)。

出典[編集]

  1. ^ 梅田1975、157-158頁。
  2. ^ a b 橋口2000、144頁。
  3. ^ a b c 橋口2008、101頁。
  4. ^ 橋口2008、100-101頁。
  5. ^ 嶋谷2003、98頁。
  6. ^ 橋口2000、145頁。
  7. ^ a b 土屋2007、58頁。
  8. ^ 嶋谷2003、96頁。
  9. ^ a b 橋口2000、146頁。
  10. ^ 橋口2008、100頁。
  11. ^ 橋口2000、147頁。
  12. ^ 嶋谷2003、101頁。
  13. ^ 土屋2007、137-138頁。
  14. ^ 土屋2007、98頁。

参考文献[編集]