ジン (蒸留酒)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーフィーター・ジンのボトル(右)と
ジン・トニック

ジン英語Gin)とは、大麦ライ麦ジャガイモなどを原料とした蒸留酒ジュニパーベリーJuniper berry、主にセイヨウネズの球果)の上に流すことによって香り付けがされているのが特徴的。日本の酒税法上はスピリッツに分類される。蒸留酒の中では比較的個性が強くない上、西ヨーロッパでは古くから知られているため、そのまま飲むだけでなく、カクテルの材料として最も多く使われているものの一つである。

歴史[編集]

ウィリアム・ホガースビール通りとジン横丁英語版』(1751年)で描かれたジン横丁
  • 11世紀頃にイタリアの修道士がジェニパーベリーを主体としたスピリッツを作っていた記録があるのが発祥とされる説が現在は有力。
  • 1660年オランダライデン大学の医学部教授、フランシスクス・シルヴィウスが作った解熱・利尿用薬用酒、ジュニエーヴェル・ワイン (ジェネヴァ) がその起源。しかし、普通に飲んでも美味なため一般化していった。
  • 1689年、オランダの貴族であったオレンジ公ウイリアム(ウィリアム3世)がイングランド国王として迎えられた際にこの酒もイギリスに持ち込まれ、人気を博するようになった。その際、名前も短くジンと呼ばれるようになった。
  • 19世紀半ばに連続式蒸留器が発明されると、これまでより飛躍的に雑味が少なく、度数の高いスピリッツが蒸留できるようになり、ジンの製法も大きく様変わりした。原料自体は大きく変わらないが、まず連続式蒸留器でアルコール度数の高いスピリッツを作り、そこにジュニパーベリーなどの副材料を加えて単式蒸留する。これが現在主流であるドライ・ジンDry Gin,「ロンドン・ジン」とも呼ばれる)である。

19世紀以前のジンは、価格が安いわりにアルコール度数が高く、「労働者の酒」「不道徳な酒」というイメージがあり、貴族や健全な者の飲む酒ではないとされた。ウィリアム・ホガースの銅版画『ビール通りとジン横丁英語版』はこのようなイメージから生まれたものであり、健康的な「ビール通り」と対比した堕落し、悪徳にまみれた街を「ジン横丁」として描いている。当時花婿の出費会計書に「ジン」の名が入っていたことを知った花嫁の親が婚約を解消したという逸話があるほどである。20世紀にはカクテルベースとして上流階級の間でも一般的になり、名門貴族の出であるウィンストン・チャーチルなどは、ほとんどストレートのジンに近い特注のエクストラ・ドライ・マティーニを愛飲していたという。

種類[編集]

ドライ・ジン
ロンドン・ジン、イングリッシュ・ジンなどとも呼ばれイギリス、ロンドンが主産地。
ジェネヴァ
現在でもオランダで作られている、より原型に近いジン。オランダ・ジンとも呼ばれる。原料を糖化醸造した液体に副材料を加え、単式蒸留する。
シュタインヘーガー
生のジュニパーベリーを発酵して作られる、ドイツ産のジン。ドライ・ジンよりは控え目な風味を持つ。
オールド・トム・ジン(Old Tom Gin)
ドライ・ジンが作られるようになる以前、雑味を抑えるために砂糖を加えたジン。カクテルトム・コリンズは本来このジンを材料とする。

類似[編集]

スロー・ジン(Sloe Gin)
ジンで使われるジュニパーベリーの代わりにスローベリー(Sloe berry、スピノサスモモの果実)を副材料とするアルコール。「ジン」と名が付いてはいるが、スピリッツではなくリキュールの一種となる。

ジンを使った主なカクテル[編集]

主な銘柄[編集]

関連項目[編集]