南北戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南北戦争
American Civil War Montage 2.jpg
左上: ストーンズ川でのローズクランズテネシー州; 右上: ゲティスバーグでの連合国軍(南軍)の捕虜; 下: ハインドマン砦の戦いアーカンソー州
戦争
年月日1861年4月12日1865年4月9日
場所:主にアメリカ合衆国南部
結果:北部の勝利、レコンストラクション奴隷解放
交戦勢力
指揮官
エイブラハム・リンカーン
ユリシーズ・グラント
ジェファーソン・デイヴィス
ロバート・E・リー
戦力
2,200,000 1,064,000
損害
戦死 110,000
戦病死 360,000
戦傷 275,200
戦死 93,000
戦病死 258,000
戦傷 137,000以上
南北戦争
青が北部(アメリカ合衆国)諸州、赤が南部(アメリカ連合国)諸州。水色は合衆国に留まった奴隷州。
アメリカ連合国(CSA)加盟州の変遷(1860年12月 - 1870年7月)

南北戦争(なんぼくせんそう、American Civil War, 1861年 - 1865年)は、アメリカ合衆国アメリカ連合国との間で行われた戦争である。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。

英語の civil war は「内戦」を意味する語だが、アメリカでは独立後に内戦があったのはこの時だけなので(ユタ戦争など、内乱と呼ぶべき物はいくつかある)、アメリカ国内では通常これに定冠詞をつけ大文字にして The Civil War と表記する。アメリカ以外の国では自国の内戦と区別するため国名を冠して American Civil War と表記する(南北戦争のネーミングを参照)。また、アメリカ連合国フランス帝国から国家の承認をなされた独立国でもあるため、この戦争を内戦と位置付けるかには疑義が生じる。

背景[編集]

当時、南部と北部との経済・社会・政治的な相違が拡大していた。南部では農業中心のプランテーション経済が盛んで特に綿花をヨーロッパに輸出していた。プランテーション経済は黒人労働奴隷により支えられていた。そして、農園所有者が実質的に南部を支配していた。南部の綿花栽培の急速な発展は、英国綿工業の発展に伴って増大した綿花需要に負うもので、英国を中心とした自由貿易圏に属することが南部の利益だったため、南部は自由貿易を望んでいた。

それに比べ、北部では米英戦争1812年 - 1814年)による英国工業製品の途絶でかえって急速な工業化が進展しており、新たな流動的労働力を必要とし、奴隷制とは相容れなかった。また、欧州製の工業製品よりも競争力を優位に保つために保護貿易が求められていた。その結果、奴隷制に対する態度と貿易に対する態度の両方で意見を異にしていた北部の自由州(奴隷制を認めないという「自由」、奴隷州に対する概念的呼び方)と南部の奴隷州の対立が一層激化した。しかもこの対立は、アメリカ合衆国が思わぬ方法でその領土を拡張してしまった事からより深刻になってしまう。

それは財政難に陥ったフランス(ナポレオン1世)からルイジアナ・テリトリーを購入(ルイジアナ買収)した事と、メキシコから「独立」したテキサス共和国カリフォルニア共和国をアメリカ合衆国に加えた事[1]である。このことは、それまで上院で保たれていた自由州派(北部)と奴隷州派(南部)の均衡が崩れる事を意味した。

この時、カリフォルニア州を自由州として、ニューメキシコ準州ユタ準州については州に昇格する際に住民自らが奴隷州か自由州かを決定すること(人民主権)となった。この協定によって、南部は奴隷州が少数派となること、すなわち自由州側の方が上院議員数が多くなることに危機感を抱いた。ちなみに開戦の時点で北部の人口は約2200万、南部の人口は約900万だったとされる。しかも南部のこの人口は、約400万もいた奴隷の人口を含めての数字である。

経過[編集]

開戦[編集]

1860年11月の大統領選挙では奴隷制が争点のひとつになり、奴隷制の拡大に反対していた共和党エイブラハム・リンカーンが当選した。この時点では、奴隷は個人の私有財産であることもあり、リンカーン自身は奴隷制廃止を宣言していなかったが、南部では不安が広がった[2]

同年12月にはサウスカロライナ州が早くも連邦からの脱退を宣言。翌1861年2月までにミシシッピ州フロリダ州アラバマ州ジョージア州ルイジアナ州テキサス州も連邦からの脱退を宣言した。2月4日にはこの7州が参加したアメリカ連合国を結成、ジェファーソン・デイヴィスが暫定大統領に指名された(同年11月に行われた選挙で正式に当選している)。

3月4日にリンカーンが大統領に就任すると、4月12日に南軍が連邦のサムター要塞を砲撃して戦端が開かれた(サムター要塞の戦い)。5月までにバージニア州アーカンソー州テネシー州ノースカロライナ州が連合国に合流した。ただし奴隷州でもデラウェア州ケンタッキー州メリーランド州ミズーリ州、それにバージニア州の西部(後にバージニア州から「独立」してウェストバージニア州となる)は合衆国に残った。合衆国に残ったこれらの奴隷州への対応に、リンカーン大統領は非常に苦慮する事となる[3]

4月19日にはリンカーン大統領が南部海岸線の海上封鎖を宣言した。この封鎖は大西洋岸からメキシコ湾岸まで徐々に広がり、南部経済を締め付けていった。経済学者によっては、海上封鎖アメリカ海軍の勝利であり、戦争そのものに勝利する主要要因となったとしている[4]

開戦時の状況[編集]

南北戦争が勃発した時点では、北部も南部も戦争の準備は全くできていなかった。合衆国陸軍に所属していた将兵は1万6000人程度であり、武器も米墨戦争時の旧式のものを使用しているだけであった。また、合衆国海軍も将兵7600名と船舶42隻程度しか保有していなかった。しかし、それに対して南部は正規軍と呼べるような兵力は保有しておらず、海軍も存在しなかった。

大半の将兵は合衆国軍に残ったが、士官のうち313名が職を辞して南部連合軍に参加した。この中には後に南軍の将軍として有名になるロバート・E・リーストーンウォール・ジャクソンジョセフ・ジョンストン、それにP・G・T・ボーリガードなども加わっており、南北戦争を長引かせるひとつの要因となった[5]

開戦時に北部が優位であった点:

  • 開戦の時点で北部には既存の政府組織が存在していたのに対して、南部は一から政府組織を作り上げねばならなかった。
  • 南部と比較して中央集権的な政治体制であったため、連邦政府の意思決定がスムーズであった。南部はそれぞれの所属州の発言力が強かったため、南部連合の方針を決める際にデイヴィス大統領は非常に苦慮することとなった。
  • 上記のように北部と南部の間には大きな人口差があり、そのため兵役適齢(当初は18歳から35歳)とされる男性の人口も大きな差があり、北部は約400万前後に対して、南部は100万強だった。南部では後にこの枠が17歳から45歳までに拡大され、最終的に上限は50歳まで引き上げられた。しかしそれでも兵のなり手が足りず、敗戦間際には奴隷から志願者を募ろうという案まで提出された。
  • 北部では上記のように工業面が南部より発達していた。鉄道の長さは南部の2倍以上あった。この鉄道を利用し、北部は食料や武器を兵たちに受け渡すことができた。

開戦時に南部が優位であった点:

  • 人的資源の量では劣っていたが、多くの優秀な指揮官が合衆国軍を去って南部連合に合流した。そのため北部では将軍に任命するに足る人物が不足することとなった。
  • 奴隷制を維持し「南部の生き方」を守る、侵攻してくる北軍から郷土を守るといった明確な目的があるため士気が高かった。一方で北部の目標は「合衆国を守る(=南部を連邦に連れ戻す)」という曖昧なものであり、南部と比較して戦争に対する温度差も大きかった。「放っておけばそのうち戻ってくる」と思っている者や「離反したいならさせておけば良い」と思っている者が少なからずいたのである。

東部戦線[編集]

当初リンカーン大統領が動員した戦力は7万5000人、兵役期間は3か月と短期間で、早期に決着がつくと考えていたと言われている。しかし1861年7月の北軍のバージニアへの侵攻は、第一次ブルランの戦い(第一次マナサスの戦い、7月21日)での南軍の頑強な抵抗の前に頓挫し、戦争の長期化は避けられない情勢となった。

1862年3月、ジョージ・マクレラン率いるポトマック軍がリッチモンドの南東に上陸し、5月にはリッチモンドに肉薄するところまで侵攻した。しかし七日間の戦い6月25日 - 7月1日)で、南軍のロバート・E・リー率いる北バージニア軍に大損害を与えたものの、現有戦力での攻略は無理と見て退却した。連動してジョン・ポープ率いるバージニア軍[6]もバージニアへ侵攻するが、第二次ブルランの戦い8月28日 - 8月30日)でリーに敗北した。戦勝の勢いでリーはメリーランドへの侵攻を試みるが、アンティータムの戦い9月17日)の結果、後退を強いられた。

戦局が持ち直したのを見た大統領リンカーンは同年9月、奴隷解放宣言を発した(本宣言は翌1863年1月)。この頃からリンカーンは、奴隷制に対する戦いを大義名分として前面に押し出すようになり、その成果もあって連合国がイギリスやフランスから援助を受けようとする努力は失敗に終わった。

1863年、リーは再度の北部侵攻に出たが、ゲティスバーグの戦い7月1日 - 7月3日)の末、再び後退を強いられた。7月13日ニューヨーク徴兵暴動11月19日、ゲティスバーグの戦いにおける戦没者のための国立墓地献納式典においてリンカーン大統領が行ったのが、ゲティスバーグ演説として知られる有名な演説である。

西部戦線[編集]

西部戦線では北軍が優勢に戦いを進めた。北軍はミシシッピ川沿いに南下し、1862年5月18日には南部最大の都市ニューオーリンズを陥落させた。南軍のケンタッキー州侵攻作戦はペリービルの戦い10月8日)とストーンズリバーの戦い12月31日 - 1863年1月2日)によって失敗した。

西部戦線で重要な役割を果たしたのがテネシー軍を率いた北軍のユリシーズ・グラントであった。グラントはヴィックスバーグの戦い5月18日 - 7月4日)で同要塞を攻略してミシシッピ川の支配権を確保し、チャタヌーガの戦い11月23日 - 25日)の勝利で南部の中心地帯への侵攻路を開いた。

戦争の終結[編集]

1864年3月、グラントが北軍総司令官に就任した。南軍の一部隊はこの夏には連邦首都ワシントンD.C.にまで迫ったが、戦争が長期化するにつれて、装備、人口、工業力など総合力に優れた北軍が優勢に立つようになっていた。またグラントはそれまでの将軍とは違い、会戦で敗北しても引き上げるような事はせず、そのまま敵地にとどまって北バージニア軍と戦い続けた。さらに、西部からはウィリアム・シャーマンが大西洋に向かって海への進軍を開始し、9月にはアトランタを陥落させた。

1865年4月3日には南部の首都リッチモンドが陥落した。9日にはリーが降伏し、南北戦争は事実上終了した。

お互いにあらゆる国力を投入したことから、南北戦争は世界で最初の総力戦のひとつだった。最終的な動員兵力は北軍が156万人、南軍が90万人[7]に達した。

両軍合わせて50万人近くの殉職者を出した。これはアメリカがこれ以降、今日まで体験している戦役史上、最悪の死者数である。なお、北軍の公式殉職者数は36万4511人であるが、南軍の公式な殉職者数のデータは存在しない。しかし、陸軍憲兵司令官の報告書には13万3821人とある[8]

戦後[編集]

「奴隷解放宣言」により、南部の州で奴隷の扱いを受けていた黒人は解放された。しかし、南部における黒人に対する差別や偏見はその後も潜在的に残り、KKKなどの活動を生み出す土壌となった。南部では現在もなお、南北戦争は「北部による侵略戦争」(The War of Northern Aggression:アメリカにおける南北戦争の別名)であったと主張する者もいる。

南北戦争の意味[編集]

南北戦争については次のような対立軸が考えられる。

  • 奴隷制を否定する北部 vs. 奴隷制を肯定する南部
  • 保護貿易を求める北部 vs. 自由貿易を求める南部

このように、南北は体制や経済構造において別の国とも言えるほどに違う状況にあった。この対立軸は、19世紀におけるイギリスを中心とした世界経済体制形成の過程で起きた一連の政変・戦争の一環である。この戦争の直前には日本黒船を派遣しており、欧州から始まった産業革命の波は東西から東アジアに達していた。農業国としてイギリスから独立して100年が経ち、工業経済化を進める北部と、原料供給地としての農業経済を継続したい南部が、一国としてまとまることが難しくなったために戦争が起きた。

南部は独立を求めた。その理由は奴隷制の維持である。独立しなければ奴隷制廃止の州がどんどん増えて、奴隷制が消滅してしまう。モンロー主義を掲げ、欧州による経済支配を忌避した連邦は、強い主権国家を標榜しており、南部諸州の離脱は認めがたかった。また当時、アラスカロシア領であり、数年前にクリミア戦争で南下政策が食い止められたばかりであった。合衆国としての強い基盤を築くためには、独立を求める南部と対立することが避けられない情勢となった。サムター要塞の戦いをきっかけとして、先鋭化した対立環境は火を噴くこととなった。

結果的に北部が勝利し、合衆国は国民国家として発展を続けることになる。終戦後にアラスカは買収され、北アメリカ大陸は世界的にも安定した情勢を保つことになり移民流入の増大も国力を伸張させた。列強の一つとなった合衆国は、欧州に対する相対的な国力増大を背景に、中南米や東アジアにおいて国際的な活動を展開することとなった。

また、日本においてはこの戦争で使われた中古小銃類が大量に輸入され、戊辰戦争で兵器として使われている。特にアメリカで発明されたガトリング砲は、南北戦争ではあまり使用されず、戊辰戦争ではじめて本格的に使われたと言われる。

南北戦争を題材とした作品[編集]

小説[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • コマンドマガジン日本版第29号「ゲティスバーグの戦い」』(国際通信社)
  • 『コマンドマガジン日本版第59号「アンティータム会戦」』(国際通信社)
  • コマンドマガジン日本版第83号「ブルー&グレー」』(国際通信社)収録ゲームは、CHICKAMAUGA(チカマウガの戦い), ANTIETAM(アンティータムの戦い), SHILOH(シャイローの戦い),CEMETARY HILL(セメタリー・ヒル)
  • 『ハウス・デバイデッド (A House Divided)』(GDW社/1981年 ファランクスゲームズ)
  • 『大戦略南北戦争 (The Civil War)』(Victory Games社/1983年 ビージャパン社)
  • ノース&サウス わくわく南北戦争』(ファミリーコンピュータ、1990年 コトブキシステム
  • 『The War for the Union』(1992年 Clash Of Arms社)
  • 『For the People』(1998年 AvalonHill社)
  • 『Civil War: Nation Divided』(Xbox 360/PS2、2008年11月4日、Activision社)

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米墨戦争の結果アメリカ合衆国はメキシコ割譲地と呼ばれる広大な領土を収得した。
  2. ^ リンカーンは新たに合衆国に加わる州に奴隷制を広めるのに反対だったため、南部は徐々に自由州が増えて議会でのバランスが崩れる事によって最終的に奴隷制が廃止される事を怖れたのだろう。
  3. ^ 合衆国の首都であるワシントンD.C.はちょうどバージニア州(連合国)とメリーランド州(合衆国)の間にあるため、メリーランド州が南部連合国に寝返った場合は首都が北部州から完全に切り離される危険性があった。
  4. ^ Elekund, R.B., Jackson J.D., and Thornton M., "The 'Unintended Consequences' of Confederate Trade Legislation." Eastern Economic Journal, Spring 2004
  5. ^ 北部に残った士官より南部に去った士官たちの方が、全体的に質が高かったと言われている。
  6. ^ 軍の名称としては南軍の北バージニア軍と酷似し混乱の元なので、この戦いの後に廃止されている。ただし、更に紛らわしいテネシー軍の呼称は、なぜか両軍で使われ続けた。なお、英語で書いた場合、北部のそれはArmy of the Tennesseeである。これはテネシー川にちなんでおり、テネシー川(流域)軍を意味する。南部のそれはArmy of Tennesseeである。こちらはテネシー州からきており、正確にはテネシー州(の)軍となる。
  7. ^ 上記のように南部で徴兵適齢期に達していた市民は約100万人だった。つまり南部は動員可能な兵力をほとんど全て招集したと言う事がわかる。
  8. ^ “米国の戦争、犠牲者数ワースト10”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304357604579587040231253978.html 2014年5月27日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『南北戦争 49の作戦図で読む詳細戦記』クレイグ・L・シモンズ著(友清理士訳) 学研M文庫
  • 『アメリカの戦争』猿谷要編 1985年 講談社
  • 『アメリカの歴史3 ~1837-1865~』サムエル・モリソン 集英社 ISBN:4087603164
  • 『合衆国の歴史:第6巻/南北戦争』1966年 時事通信社/ライフ編集部
  • 『エブラハム・リンカーン』(全3巻) カール・サンドバーグ著 1972年 新潮社
  • 『愛国の血糊 (Patriotic Gore)』エドマンド・ウィルソン著 1998年 研究社出版
  • 『戦場の歴史:コンピュータマップによる戦後の研究』ジョン・マクドナルド著 1986年 河出書房新社
  • 『自由への扉-南北戦争の前線からの一黒人兵士の書簡集』ジェームズ・ヘンリー・グッディング著 丸善
  • 『世界の都市の物語15:アトランタ』猿谷要著 1996年 文藝春秋
  • 『アメリカの黒人奴隷制度と南北戦争』(アメリカ史研究のI) 菊池謙一著 1954年 未來社
  • 『アトラス現代史2:アメリカ合衆国』ブライアン・キャッチポール著 1990年 創元社
  • 『機関銃の社会史』ジョン・エリス著 1993年 平凡社
  • 『7日戦闘/ヴィックスバーグの攻囲及びチャタヌーガの戦い』J.F.C.フラー著 1972年 海上自衛隊幹部学校刊
  • 『歴史群像 No.26 南北戦争 THE CIVIL WARの全貌』、1996年、学研
  • フィリップ・キャッチャー (Philip Katcher)、ロン・ボルスタッド (Ronald Volstad), 斎藤 元彦(翻訳), 『南北戦争の北軍―青き精鋭たち』(オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ)、新紀元社、2001年
  • フィリップ・キャッチャー (Philip Katcher)、ロン・ボルスタッド (Ronald Volstad), 斎藤 元彦(翻訳), 『南北戦争の南軍―灰色の勇者たち』(オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ)、新紀元社、2001年
  • 『ナショナル・ジオグラフィック日本版』2012年5月号(日経ナショナル・ジオグラフィック社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]