アメリカ合衆国の宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国の宗教では、アメリカ合衆国に於ける宗教について扱う。

キリスト教[編集]

アメリカ合衆国に於いて、WASPという言い方がある通り、プロテスタントが社会的に主流であった。歴史上、アメリカでは四回大覚醒が発生した。そうした中で福音主義南部バプテスト連盟といったキリスト教右派キリスト教根本主義が台頭し、保守的、鷹派的な価値観が定着した。ビリー・グラハムといったマスメディアを使用した伝道師牧師も登場した。

その一方で、アイルランド移民イタリア移民などによって、カトリック教会の信仰も守られ続けた。KKKノウ・ナッシング運動によって、彼らは迫害された。ジョン・F・ケネディが同国最初のカトリック大統領となった。2010年現在、バイデン副大統領ペロシ下院議長もカトリック信徒である。

プロテスタントやカトリック以外には、ギリシャ移民やロシア移民によってアメリカ正教会が形成されている。

現在、全国民の約九割がキリスト教徒であるとされている。選挙が行われる度に同性結婚人工妊娠中絶ES細胞の研究などを巡って、国論が二分される。

福音派は全人口の4分の1ぐらい[1]

ユダヤ教[編集]

17世紀にはスペインポルトガルからセファルディムが移民して来た。ユダヤ教徒は全国民の約6%であるが、大きな社会政治的影響力を持ち、中には親イスラエル・ロビーを形成する場合がある。ユダヤ系アメリカ人はニューヨーク州フロリダ州に多い。

仏教[編集]

アメリカでの仏教徒の大半はアジア系アメリカ人である。1853年にアメリカ最初の仏教寺院が、サンフランシスコ中国系アメリカ人によって建てられた。アジア系が大半であるが、例えば俳優のリチャード・ギアシャロン・ストーンの様に、白人の間でもチベット仏教に改宗する人がいる。タイガー・ウッズも仏教徒である。

イスラム教[編集]

公民権運動の指導者だったマルコムXが所属していたネーション・オブ・イスラムイスラム教の団体だった。元々プロテスタント中心の国家であった為、イスラム教はアメリカでは低く見られていた。特に2001年9月11日同時多発テロ事件の後は、イスラム教に対する風当たりが厳しくなっている(イスラム恐怖症)。 一方で改宗する人間は多い。特に建国以来厳しい差別に悩まされてきたアフリカ系アメリカ人が、白人に改宗させられたキリスト教の教えでは幸福になれなかったと感じ、自らのルーツであるアフリカで広く信仰されるイスラム教に改宗をする傾向があり、古くはボクサーのモハメド・アリが、現代ではマイク・タイソンマイケル・ジャクソンなどが著名な改宗者である。また、イスラム教徒のアメリカ人は平均的なアメリカ人よりも高学歴、高所得の傾向がある。

2010年8月グラウンドゼロ近くにモスクを建設すべきか否かを巡って、世論が二分されている(Park51)。

脚注[編集]

  1. ^ “アメリカの選挙で出てくる「キリスト教福音派」って何?”. (2012年3月5日). http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/qaworld/20120302-OYT8T00861.htm?from=yoltop 2012年3月5日閲覧。