コロンビア川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロンビア川

コロンビア川Columbia River)は、カナダブリティッシュコロンビア州およびアメリカ合衆国太平洋岸北西部を流れるである。

ブリティッシュコロンビア州のカナディアンロッキーに源を発する。そこからアメリカワシントン州を流れ、ポートランドにて支流のウィラメット川を合わせ、オレゴン州のアストリアにて太平洋に注ぐ。最後の480kmはワシントン州とオレゴン州の境界となっている。

コロンビア川には、ボンネビル・ダムグランドクーリーダムなどの水力発電用のダムがある。

マンハッタン計画以来半世紀間操業したハンフォード・サイトのプルトニウム生産炉による放射能汚染が深刻な問題となっている。

支流[編集]

A relatively small river winds through a series of sparsely vegetated brown hills under a nearly cloudless blue sky. The river and the low hills are in shade, while the hilltops and a large hillside in the foreground are sunlit.
デシューツ川とコロンビア川の合流点の風景

コロンビア川には主要なものだけでも60以上の支流が存在し、直接コロンビア川に繋がる支流の中でも特に大きな4つの川 (水量または流域面積で測定)は、スネーク川 (アイダホ州)、ウィラメット川 (オレゴン州北西部)、クートネー川 (ブリティッシュ・コロンビア州)、ペンド・オレイル川 (ワシントン州北部およびアイダホ州、ただしクラーク・フォーク川英語版の下流部分も含む)である。これらの4つの川はいずれも平均水量が570 m3/s以上、排水地域の面積が52,000 km2以上となっている。

スネーク川はその中でも最大の支流である。流域面積の280,000 km2は、アイダホ州の面積をも上回る。この川とコロンビア川が合流する地点においては両者の水量はほぼ同等 (約46.5%)となっており、合流地点より上流の部分についてだけを見てみれば長さ (約113%)、流域面積 (約104%)ともにスネーク川がコロンビア川を上回っている。

ペンド・オレイル水系 (主要な支流、クラーク・フォーク川、フラットヘッド川英語版を含む)はコロンビア川との合流地点においては、両者は同等の大きさとなっている。合流地点より上流部分について比較してみると、長さは同程度 (約86%)、流域面積は4分の3 (約76%)、水量については3分の1強 (約37%)である。

主な支流一覧[編集]

下流より記載

主な支流のデータ[編集]

主な支流 平均水量 流域面積 長さ
カウリッツ川 259 m3/s [1] 6,700 km2 [2] 0169 km
ルイス川英語版 173 m3/s [3] 2,710 km2 [4] 0153 km
ウィラメット川 1,060 m3/s [5] 29,680 km2 [6] 0301 km
サンディ川英語版 64 m3/s [7] 1,316 km2 [8] 0090 km
フッド川 28 m3/s 723 km2  0040 km
デシューツ川英語版 166 m3/s [9] 27,700 km2 [10] 0406 km
ジョン・デイ川英語版 58 m3/s [11] 20,750 km2 [12] 0452 km
スネーク川 1,610 m3/s [5] 278,400 km2 [13] 1,674 km
ヤキマ川英語版 100 m3/s [14] 15,900 km2 [15] 0344 km
ワナッチー川英語版 87 m3/s [16] 3,500 km2 [10] 0085 km
オカノガン川英語版 86 m3/s [17] 21,600 km2 [18] 0185 km
スポケーン川英語版 224 m3/s [19] 17,300 km2 [10] 0179 km
ケトル川英語版 83 m3/s [20] 10,880 km2 [21] 0282 km
ペンド・オレイル川英語版 748 m3/s [22] 66,800 km2 [23] 0209 km
クートネー川 868 m3/s [24] 50,300 km2 [25] 0780 km


出典・脚注[編集]

  1. ^ Water-data report 2007: USGS 14243000 Cowlitz River at Castle Rock, WA (PDF)”. United States Geological Survey (2007年). 2008年10月24日閲覧。 Discharge data taken from gauge 14243000 at Castle Rock, 17.3マイル (27.8 km) from the mouth, measuring the flow from about 2,238平方マイル (5,800 km2) or 85 percent of the total watershed.
  2. ^ Calculated by summing subbasin sizes listed in Lower Columbia Tributaries, Northwest Power and Conservation Council; and Toutle Management Plan, Northwest Power and Conservation Council. Retrieved on 2008-09-16.
  3. ^ Lower Columbia Fish Recovery Board (2004年12月). “Volume II – Subbasin Plan Chapter G – NF and EF Lewis (PDF)”. Lower Columbia Salmon Recovery and Fish & Wildlife Subbasin Plan. Northwest Power and Conservation Council. 2008年10月14日閲覧。
  4. ^ Description: Lewis River Drainage, Mount St. Helens, Washington”. United States Geological Survey (1999年). 2008年10月14日閲覧。
  5. ^ a b Kammerer, J.C. (1990年5月). “Largest Rivers in the United States”. United States Geological Survey. 2008年4月1日閲覧。
  6. ^ Willamette River Basin, Portland Bureau of Environmental Services (2008). Retrieved on 2008-09-16.
  7. ^ Water-Data Report 2007: 14142500 Sandy River Below Bull Run River, near Bull Run, OR (PDF)”. United States Geological Survey (2008年). 2008年10月19日閲覧。 Discharge data from a gauge near Bull Run, 18.4マイル (29.6 km) from the mouth, measuring the flow from about 436平方マイル (1,130 km2), about 86 percent of the total watershed.
  8. ^ Taylor, Barbara (1998年12月). “Salmon and Steelhead Runs and Related Events of the Sandy River Basin - A Historical Perspective (PDF)”. Portland General Electric. 2008年10月12日閲覧。
  9. ^ Loy, William G.; Allan, Stuart; Buckley, Aileen R, and Meacham, James E. (2001). Atlas of Oregon. Eugene, Ore.: University of Oregon Press. pp. 164–65. ISBN 0-87114-101-9. 
  10. ^ a b c Boundary Descriptions and Names of Regions”. United States Geological Survey. 2008年9月10日閲覧。
  11. ^ Water-Data Report 2007: 14048000 John Day River at McDonald Ferry, OR (PDF)”. United States Geological Survey (2007年). 2008年10月19日閲覧。 Discharge data from a gauge at McDonald Ferry, 20.9マイル (33.6 km) from the mouth, measuring the flow from about 7,580平方マイル (19,600 km2), about 95 percent of the total watershed.
  12. ^ Powell, Russ; Delano, Kenneth (2004年). “John Day River Subbasin Fish Habitat Enhancement Project (PDF)”. Bonneville Power Administration. 2008年10月18日閲覧。
  13. ^ USGS Water Resources of the United States: Boundary Descriptions and Names of Regions, Subregions, Accounting Units and Cataloging Units”. United States Geological Survey (2007年). 2008年9月16日閲覧。 Sum of Subregion 1704, Upper Snake, Subregion 1705, Middle Snake, and Subregion 1706, Lower Snake.
  14. ^ Yakima River and Esquatzel Coulee Basins and the Columbia River from Richland to Kennewick, Water Resources Data-Washington Water Year 2005 (PDF)”. United States Geological Survey. 2008年10月16日閲覧。 Discharge data from gauge 12510500 at Kiona, 29.9マイル (48.1 km) from the mouth, measuring the flow from about 91 percent of the total watershed.
  15. ^ Yakima Subbasin Plan Overview (PDF)”. Northwest Power and Conservation Council. 2008年9月16日閲覧。
  16. ^ Wenatchee River Basin: 12459000 Wenatchee River at Peshastin, WA (PDF)”. United States Geological Survey. 2008年10月16日閲覧。. Discharge data from gauge 12459000 at Peshastin, 21.5マイル (34.6 km) from the mouth, measuring the flow from about 1,000平方マイル (2,600 km2) or 77 percent of the total watershed.
  17. ^ Water Data Report WA-05-1, chapter Okanagan River Basin. Retrieved on 2007-04-20. Discharge data taken at Malott, Washington, 17マイル (27 km) from the mouth, measuring the flow from about 8,080平方マイル (20,900 km2), about 97 percent of the total watershed.
  18. ^ Rivers”. Natural Resources Canada. 2008年9月10日閲覧。
  19. ^ Benke, Arthur C.; Cushing, Colbert E. (2005). Rivers of North America. Academic Press. p. 650. ISBN 9780120882533. http://books.google.com/?id=-bLMR552QBMC 2008年10月16日閲覧。. 
  20. ^ Water-Data Report 2007: 12404500 Kettle River near Laurier, WA (PDF)”. United States Geological Survey (2007年). 2008年10月18日閲覧。 Discharge data from a gauge near Laurier, 29.71マイル (47.81 km) from the mouth, measuring the flow from about 3,800平方マイル (9,800 km2), about 90 percent of the total watershed.
  21. ^ Upper Columbia Subbasin Overview, Section 29, p. 8; Northwest Power and Conservation Council. Retrieved on 2008-09-16.
  22. ^ Water Data Report WA-05-1 Pend Oreille, Kettle, and Colville River Basins, and the Columbia River from the International Boundary to the confluence with the Spokane River (PDF)”. United States Geological Survey (2005年). 2008年10月19日閲覧。 Discharge data taken from a gauge at the U.S.–Canada border, 16.1マイル (25.9 km) from the mouth, measuring data from about 25,200平方マイル (65,000 km2), about 98 percent of the total watershed.
  23. ^ Seven Mile Project Water use Plan (PDF)”. BC Hydro (2006年12月8日). 2009年9月3日閲覧。
  24. ^ Subbasin Overview, Kootenai Subbasin Plan, Northwest Power and Conservation Council
  25. ^ The Rivers, Balance of Power: Hydroelectric Development in Southeastern British Columbia; Touchstones Nelson: Museum of Art and History. Retrieved on 2008-09-16.