オレゴン準州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレゴン準州
アメリカ合衆国準州
US flag 30 stars.svg
1848年 - 1859年 US flag 31 stars.svg
 
Flag of Oregon.svg

Oregon Territoryのオレゴン準州の紋章

オレゴン準州の紋章

首都 オレゴンシティ (1848年-1851年)
セイラム (1851年-1855年)
コーバリス (1855年)
セイラム (1855年-1859年)
政府 準州政府
知事
 - 1848年-1850年 ジョセフ・レーン
 - 1850年-1853年 ジョン・ゲインズ
 - 1853年-1854年 ジョン・ウェズレイ・デイビス
 - 1854年-1859年 ジョージ・ロー・カリー
歴史
 - オレゴン条約 1846年6月14日
 - 議会決議 1848年8月14日
 - ワシントン準州へ分割 1853年2月8日
 - 州加盟 1859年2月14日

オレゴン準州(Oregon Territory)は、1848年から1859年の間存在していたアメリカ合衆国準州である。

オレゴン準州は1848年8月14日に議会の決議によって北緯49度線以南のオレゴン・カントリーのアメリカ側領域からつくられた。最初は現在のアイダホ州オレゴン州ワシントン州モンタナ州ロッキー山脈分水界以西、ワイオミング州のロッキー山脈分水界以西と北緯42度線メキシコ割譲地の北限)以北を含んでいた。

最初の州都はオレゴンシティであったが、1851年セイラムへ移った。

1853年に準州の北部、コロンビア川下流部と北緯46度線以北がワシントン準州となった。

1859年2月14日にオレゴン準州はオレゴン州となり、領域も現在のものになった。オレゴン州に含まれなかった東部(現在のアイダホ州南部とワイオミング州西部)はワシントン準州に加えられた。