水源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水源(すいげん)とは、などの流れ出るもと。または用水農業用水工業用水)や水道上水道簡易水道)として利用する水の供給源。後者の場合は、井戸はもとより海水淡水化施設が該当することもある。

山間における水源からの湧水は、冷水が最も清潔で良いとされる。温い涌き水は地表近くで時間が経ちすぎて不潔な為、加熱後に飲料として使うとされる。

位置関係[編集]

(水源)-上流-中流-下流-(河口)。

日本列島の沿岸における水源[編集]

海や河川での航路を示すための浮標は1980年に開催された国際航路標識協会の浮標特別会議により「水源に向かって左側は緑色」「水源に向かって右側は赤色」と定められている。 ここで言う「水源」とは、などの場合は一番上流の水が流れ出るもとを指し、港、湾、入り江、などの場合は海から見て一番奥まった場所を指す。 そして、港、湾、入り江、などを除く日本列島の多くの沿岸や離島では、浮標の色を緑か赤かを定めるためにどこか特定の地点を「水源」として決める必要がある。そのために便宜上として日本では与那国島を「日本列島沿岸部の水源」として定めている。

関連項目[編集]