感潮河川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

感潮河川(かんちょうかせん)とは、下流において流速水位干満の影響を受けて変動する河川のこと。この変動のある区間を感潮区間と呼ぶ。

感潮区間の範囲は勾配が緩やかな大河ほど大きくなる。感潮区間においては塩分濃度も変化するがごく下流に限られ、流速や水位に比べると変化は小さい。海水比重のちがいから、満潮の時に底部にたまった海水が上流に向かい、上層にある河水は下流に流れる現象が生じることがある。

感潮において、壁状の波が逆流する現象は海嘯と呼ばれる。

参考資料[編集]

関連項目[編集]