水系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青い線が示すのが、水系
赤い点線の内側は、流域

水系(すいけい、英語:drainage system)は、河川に関連する用語である。ある河川とそれに合流する他の河川や内水面(湖沼)、さらには分岐する河川を含めた、流路を部分的に共有する河川や湖沼全体を体系化した概念と、その概念に基づく分類をいう。

水系は分水界により区分される。ある水系に降水が流入する範囲を流域という。水系と流域は、よく似た概念だが、流域が面的な広がりを表すのに対し、水系は水の線的なつながりを表している。また、他に類似の言葉として流路形状がある。流路形状は、河川の流路の部分的な地形そのものを表す。つまり川筋の形のことである。一般的には、地表水のつながりのみを水系と考えられがちであるが、ある河川から別の河川へ地下を通じて水が移動(水文循環)することはよく見られることから、水系概念に地下水のつながりも含めるべきとされている。

分類[編集]

水系は、その形状などから次のように地理学的に分類される。

枝状水系
世界中で一般的に見られる形態。本流と支流樹枝のような形状のもの。
平行水系
急斜面に見られる形態。急斜面上で水流が直線状となり、隣接する水系と平行関係をとるもの。山脈地帯に多く見られる。
格子状水系
地質的に強い構造上の力を受けている地域に見られる形態。
放射状水系
上空から見ると車輪スポーク状となるもの。円錐形の火山などで見られる。
方形状水系
断層地帯で形成される水系形状。
環状水系
盆地の中央部で形成される環状の水系形状。
乱状水系
最終氷期に形成されたカナダの湖沼地帯のように、明確な分水界もなく、湖沼が乱雑に存在するような水系形状。

日本における水系の管理[編集]

日本では、河川法において重要性が高い水系を区分及び指定している。導水用水疏水などの人工河川による新たに追加された流れや、排水機場による流水方向の変化などの物理的な川上・川下とは関係が無い流れもある。この場合、水系の範囲は分水界を越えている。

  • 一級水系:日本国内最重要で、一級河川を本流とする国が管理する水系である。各一級水系の一部は、都道府県や政令市に管理が移譲されている。
  • 二級水系:上記以外の水系のうち重要性が高く、二級河川を本流とする都道府県が管理する水系である。
  • 単独水系:上記2つ以外の水系。準用河川普通河川が本流である。

関連項目[編集]