沢登り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
登攀の様子

沢登り(さわのぼり)は、を登ること、または、その技術。伝統的に登山の一形態とされることが多い。

概説[編集]

渓流は景観として美しく、変化に富み、また涼しくて心地よく、楽しい場所と見えるが、一般に「に迷ったら尾根に出ろ」というように、歩くコースとしてはよくない面が多い。凸凹が激しく、足下は滑りやすく、に落ちると体を冷やす。また、滝があると迂回しなければならない。これらを逆手にとって、水に入る用意、を登る用意をした上で、それを積極的に楽しんでしまおうというのがこれである。

内容[編集]

技術的にはロッククライミング(登攀)に属するが、主に水の流れる沢や滝を登る性質から、一つの分野を形成している。一般的には登山道が無い場合が多く、むしろバリエーションルートの要素を楽しむために登られる事が多い。 スポーツとしての登山が発達する以前は、登山道の無い薮山へ登る手段として、沢すじを利用したルートが使われていた。 山に登ることそのものは目的としないことが多くなったこともあって、一般的な山登りとは区別されており、場合によっては登山とは別分野のアウトドアスポーツとされることもある。

沢登りにおいては、ロッククライミングと比較すれば、岩壁を登り続ける訳ではないし、また、登攀具の必要な滝の場合でも、その左右に巻き道が存在する場合が多く、体力と技術にあわせたルートをとることができるという利点がある。また、渓流釣りの釣行と同時に山行を楽しむことができたり、河原では最適なキャンプ地を容易に見つけることができる。水を得るのに苦労しない。などなどの利点もある。

歴史[編集]

登山形態としての沢登りのパイオニアは、黒部峡谷の遡行で知られる冠松次郎1883年 - 1970年)である。1980年代中頃から積極的に泳いで滝や淵を突破するウォータークライミング要素が取り入れられるなど、ルートのグレードアップが盛んに行われるようになり、アメリカンエイドの応用やライフジャケットの活用など、様々な溯行技術の改良が行われた。またマタギの行動・生活技術の導入など、自然回帰的な志向も一部で広がりを見せた。沢登り人口の高齢化の危機がささやかれた時代もあったが、2000年代に入ると温暖化ヒートアイランド現象の影響もあってか、避暑としての水遊び的な沢登りが盛んになり、年齢層も再び多様化していると見られる。

注意事項[編集]

しかしながら、沢という地形ゆえの危険も多いので、登攀ルートの難易度だけで判断してはならない。沢には、登攀以外のところに危険が隠れている。天候が急変して大雨となると、鉄砲水の危険があるので、急いで尾根筋にエスケープしなければならない。3,000m級の山域の沢の場合は、夏でも雪渓が残っていることが多い。下に水が流れる沢筋の雪渓は、下部が大きくえぐれて、スノーブリッジ状の形状になっているため、常に崩落の危険がある。沢は、当然、尾根に対して狭まった凹地状の地形であるため、電波状態も悪く、また視界も効かないことが多い。地図をしっかりと読める力がないと、迷子になってしまう危険もある。

渓谷内は自然度が高いため、生息する生物も多いのも魅力。しかし有毒生物や有毒植物、吸血動物等の危険も少なくないので、注意が必要である。

2000年代の傾向として、積極的に水に入る行動が増えたために、水難死亡事故も増加している。これは登山技術から派生した沢登りには、水理学に基づく河川行動技術のノウハウが蓄積されていないためで、一部でカヤックラフティングなどの専門家からの、安全管理技術の導入が一部で始まっている。

用具[編集]

日本では沢登りの用具として、以前は地下足袋(特にフェルト底のもの)にわらじを履いていたが、現在は渓流シューズ渓流足袋が一般的である(渓流釣りの用具でもある)。いずれも、濡れた石のヌメリでも滑りにくくなっている。

ロッククライミングと共通する用具は、ヘルメットハーネスカラビナロープ(ザイル)、スリングシュリンゲ)、エイト環などの下降具、ハーケンボルトがある。

そのほかは、登山用具と共通である。

関連項目[編集]

  • キャニオニング - の中を登るシャワークライミング、渓流の流れに乗って川下りをするなど、より水中での活動に重きを置くスポーツ。