ボルダリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボルダリング(Bouldering)とは、フリークライミングの一種で最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や石を登るスポーツである。

歴史[編集]

元々はロープを使用したフリークライミングの練習的な位置づけだったが、クライミングから確保という要素が取り除かれ、より純粋に岩を登る事に集中できる。また必要な装備が少なく手軽にはじめられる事から、ボルダリングを中心に行うクライマーが増えており、現在では独立したフリークライミングの一形態となっている。

グレード[編集]

ボルダリングの課題の難度を示すために、課題に対しグレードが付けられる。ただグレードは定める者の主観にて決まるので常に賛否が付きまとい、そのエリア内の一応の目安ぐらいの位置づけとなっているのが現状である。

国内では、草野俊達によって発案された「級段方式」が現在では一般的である。小川山の「エイハブ船長」(1級)、御岳の「忍者返し」(1級)の2つの課題がグレード体系の基準であるとされている。8~7級ぐらいが初心者の入門用で、初段あたりから上級の部類となる。

段級グレードは各グレードにおける難度の幅が広いことが特徴であり、「やさしめの初段」や「むずかしめの初段」といわれる課題が存在する。近年ではよりグレーディングを明確にするために+や-をつけて標記されることもある。

海外でよく用いられているものとしてはアメリカのVシステム、フランスのフォンテーヌブローシステムなどがある。グレード間の換算表が発表されることもあるが、グレード自体のばらつきと同様に一応の目安くらいにしかならない。

エリア[編集]

国内[編集]

国内では多雨で深い渓谷内にボルダリングのエリアが多く存在する。また小川山や北山公園の様な山中に散在する露岩を登る場合もある。

渓谷の場合、地域の水源となっている場所もあり、利用に関してはゴミの持ち帰り、糞尿をしない等の注意が必要となる。また山中において、御神体や、個人の私有地となっている場合もあり、配慮が必要とされている。

  • 北海道
    • アヨロ、モッタ、望岳台、増毛、赤岩青巌峡
  • 関東
    • 御岳渓谷、鷹取山、笠間、三峰
  • 中部
    • 小川山、豊田
  • 近畿
    • 御手洗峡、笠置、北山公園、摂津峡
  • 四国
    • 鳴滝、日御子、土佐湾
  • 九州
    • 河頭山、平尾台、耶馬渓、宮崎北部(祝子川、綱の瀬川など大河川の上流や大きな支流の河原)、去川、内大臣峡、阿蘇一の峰、水俣、金峰山、藺牟田池外輪山、猿ヶ城渓谷、根占

国外[編集]

  • Fontainebleau(France)
  • Yosemite(USA)
  • Bishop(USA)
  • Castle Hill(New Zealand)
  • Squamish(CANADA)

クラッシュパッドと安全対策[編集]

クラッシュパッドを使用してボルダリングをする風景(フランスカンタル県

墜落時の安全のためにクラッシュパッドという、携帯式のマットを使用する。 クライミング用シューズは、歩く事を前提としていないので、足のアーチの機能が由々しく限定され、緩衝材も靴底に無いため、墜落時に踵などを負傷する危険性がある。 クラッシュパッドの使用により踵や腰への負傷を予防する事ができ、特に前倒壁においては墜落時における背中や頭部への直撃を防ぐ事ができる。 クラッシュパッドは携帯性を重視しているので墜落時の衝撃を吸収するまでの機能は無く、あくまで怪我防止のための補助具として使用する。

複数人でボルダリングを行う場合、スポッターと呼ばれる補助を行う者が付くことがある。スポッターは墜落時に肩を押す事で、頭部からの墜落を防ぐ。また傾斜地ではクラッシュパッドごと滑り落ちない様に支える事もある。 スポッターには、登攀中はクライマーに触れない、墜落時に自らが下敷きにならない、などの注意が必要となる。 複数人でボルダリングを行うことにより、前記のようなスポッターによる補助のほか、各自が持ち寄ったクラッシュパッドを重ねることなどによる安全性の向上が期待できる。

ボルダリングでの墜落は、地面まで落ちる事が前提だが、落ちる前に自ら飛び降りる事で墜落時の体勢を立て直し危険を回避できる。

ボルダリング競技[編集]

日本で有名なボルダリングの競技会としてはB-Sessionが有る。B-Sessionは1年間を通じてのシリーズ戦を行いその総合ポイントで年間チャンピオンを選出する。勝敗はクリアーした課題の数で順位を決定する。競技はインドアクライミングで行われ、毎回大会用に課題を新しく設定して初登にて競われる。

そのほかに、日本山岳協会が主催するボルダリングジャパンカップが2005年から年一回の間隔で行われているほか、2008年チャレンジ!おおいた国体からは国民体育大会山岳競技の一種目としてボルダリングが採用されている。

過去の年間チャンピオン[編集]

B-Session[編集]

  • 2000年 山崎岳彦、大岩あき子
  • 2001年 山崎岳彦、岩田千鶴代
  • 2002年 丸木太、岩田千鶴代
  • 2003年 宮保雄一、野口啓代
  • 2004-2005年 渡辺数馬、外河有紀子(年度移行のため、2004年は2005年に合算)
  • 2006年 渡辺数馬野口啓代
  • 2007年 渡辺数馬野口啓代
  • 2008年 堀創、小田桃花
  • 2009年 杉田雅俊・清水淳、小林由佳
  • 2010年 松島暁人、萩原亜咲
  • 2011年 茂垣敬太、小田桃花

Japan Cup[編集]

  • 2009年 第5回ボルダリングジャパンカップ深谷大会 (埼玉県深谷市・深谷クライミングビレッジ)[公式記録(PDF)
  • 2011年 第6回ボルダリングジャパンカップ長崎茂木大会 (長崎県長崎市・旧長崎南商業高校体育館)[公式記録(PDF)
    • 男子 優勝 清水淳、2位 堀創、3位 杉田雅俊
    • 女子 優勝 野口啓代、2位 安田あとり、3位 小田桃花
  • 2012年 第7回ボルダリングジャパンカップ長崎茂木大会 (長崎県長崎市・旧長崎南商業高校体育館)[公式記録(PDF)
    • 男子 優勝 新田龍海、2位 安間佐千、3位 茂垣敬太
    • 女子 優勝 野口啓代、2位 小田桃花、3位 五月女美元
  • 2013年 第8回ボルダリングジャパンカップ東京大会 (東京都世田谷区駒沢オリンピック公園屋内球技場) [公式記録(PDF)]
    • 男子 優勝 安間佐千、2位 清水淳、3位 堀創
    • 女子 優勝 野口啓代、2位 小田桃花、3位 小林由佳
  • 2014年 第9回ボルダリングジャパンカップ2014 (静岡県静岡市クライミングJAM 東静岡) [公式記録(PDF)]
    • 男子 優勝 山内誠、2位 杉本玲、3位 藤井心
    • 女子 優勝 野口啓代、2位 小田桃花、3位 小林由佳

外部リンク[編集]