アクロバット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古代ギリシャの壷に描かれたアクロバティックス
鳥居清満画「軽業師だるま男」。江戸時代
日本の軽業
シルク・ドゥ・ソレイユにおけるアクロバティックス
綱渡り

アクロバット(acrobatics)とは、常人には行いがたい身軽な身体運動や熟練の身体運動のこと。またそれを行う人物。

舞台芸術およびスポーツ競技として行われるアクロバットということばは、ギリシャ語akros(高い)と bat(歩行)からきている。日本語では軽業曲芸とも言い、これを行う人物を軽業師曲芸師と言う。

バランス、機敏さ、コーディネートの高度な技を要する全身運動(特に短時間に爆発的な動作を伴うもの)を用いた舞台芸術やスポーツはいずれもアクロバットとみなすことができ、ダンス、および飛込みなどの各種スポーツ、時には宗教行為にも含まれる。また、ここから転じて秒刻みで多数の用件をこなすスケジュールといったものをアクロバット的(またはアクロバティックな)と表現することがある。

歴史[編集]

西洋におけるアクロバットの歴史[編集]

ヴィクトル・ヴァスネツォフパリ郊外の軽業師」アクロバット (1877年)

アクロバットの伝統は多くの文化に存在する。西洋では、紀元前2000年頃ミノア文明の遺跡では、雄牛の背に乗って行われているアクロバットの描写が見られ、何かの儀式であった可能性が指摘されている[1]

中世ヨーロッパの宮庭ではジャグリングその他を伴ったアクロバットの実演がしばしば行われていた。

初め、この言葉は綱渡りに対して用いられていたが、19世紀には、体操サーカスなどの芸に対しても用いられるようになった。19世紀後半には、宙返りを含むアクロバティックな体操がヨーロッパで競技になった。

東洋におけるアクロバットの歴史[編集]

中国では、アクロバット(百劇)は2500年以上前の前漢以来の文化の一部である。当時、アクロバットは村の収穫祭の一部として行われた[2]

時代には、ヨーロッパ中世の宮庭における7世紀から10世紀の発展とよく似て、宮庭を中心に散楽というアクロバットが発展した[3]

日本においては、大道芸が盛んだった江戸時代に多くの軽業師が活躍した。大阪出身の早竹虎吉は特に人気があり、錦絵に描かれ、1860年代にいち早く海外公演も行なっている。それに続いて万国博覧会で日本の風物が紹介されのをきっかけに、日本の軽業公演の要請が増え、幕末から明治時代にかけて、数多くの軽業師が渡欧し、好評を得た。

競技アクロバット[編集]

アクロバットという言葉をスポーツとして最初に用いたのは1930年代ソ連である[4]1974年には最初の世界選手権が開催された。かつては「スポーツアクロバット」や「スポーツアクロバティクス」と呼ばれていたが、現在の公式名称は「アクロバティック体操」(Acrobatic Gymnastics)であり、その他「アクロ体操」(Acro-gymnastics)とも略称される。

競技アクロバットは5つのカテゴリに分けて行われる。

  • 男子ペア
  • 女子ペア
  • 混合ペア(ミックス)
  • 女子団体(トリオ)
  • 男子団体(メンズフォー)

いずれも音楽にあわせて振り付けられる。競技の構成にはダンス、タンブリング、連携技術、バランス技、動き技などが含まれる。動き技には空中での運動が含まれ、バランス技にはポーズや静止が含まれる。

スポーツアクロ体操は、体操競技の床演技で使用するフロアと同じフロアで演技を行う。それぞれチームで演技を行い、組の技と床運動とダンスなどの要素で競技が行われる。各種目は3競技あり、静止技を中心としたバランス演技、宙返り系を中心としたテンポ演技、静止技、宙返り技を複合したコンビネーション演技(ミックス演技)に分かれている。

一つの演技で使用する音は2分30秒で声の入ってない曲とされる。それぞれの演技で特別要求があり、組の技、個人技に分かれ、特別要求不足や演技構成失敗、静止時間の不足、キャッチミスなどで減点されていく。

タンブリング(マット上の回転運動)もかつては含まれていたが、1999年の世界選手権にて廃止となった。ただし、タンブリング競技を継続している競技アクロバット団体も多い[5]。タンブリングでは一般に、助走、サマーソルト宙返りの3つの動きの連続技を競う。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]